がんセンターがん薬物療法 地域連携体制

このページは医療関係者向けのページです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

当院におけるがん薬物療法の地域連携体制ついて

 近年、がん医療は年々進歩し治療成果が向上している一方、治療の高度化や新薬の導入が著しい領域です。がん薬物療法は院内にあるレジメン評価委員会において多職種で内容を審議し、レジメンとして登録することで統一化し、治療の質と安全性を担保しています。
 がん薬物療法には個人差があり、副作用を発現する場合がありますが、外来化学療法の増加により、多くの患者さんは副作用を自宅で経験します。また、経口抗がん薬の増加によりアドヒアランスの確保が重要となっています。当院では医師、看護師、薬剤師、栄養士、MSW等で外来治療のサポートにあたっていますが、一医療施設では治療は完結しないため地域全体でがん患者さんをサポートする体制が求められています。
 また、保険薬局では調剤した後の服薬状況のフォローアップ制度が開始され、処方後のアドヒアランスや副作用発現状況が把握できる体制となっています。そこで、以下の取り組みを実施し、保険調剤薬局や他の医療機関と連携を図ることで安全性を確保しながら、外来におけるがん薬物療法を継続できる体制を構築します。

取り組み内容

1. がん薬物療法のレジメン内容をHPに公開します。
2. 患者さんのレジメン情報と有害事象をお薬手帳シールでお渡しします。
3. 院外処方箋に検査値等を掲載します。(準備中)
4. 抗がん薬治療トレーシングレポート(服薬情報提供書)での情報提供を受け付けます。
5. がん薬物療法についての研修会を開催します。

この取り組みについてのお問い合わせは、外来治療センター(E-mail:kyorin-atc@ksot.kyorin-u.ac.jp )までご連絡ください。

運用の概要


 
運用の概要

レジメン情報

診療科ごとのレジメン情報はこちら

抗がん薬治療トレーシングレポート(服薬情報提供書)

提出先
FAX:0422-44-6897 ※おかけ間違いのないようご注意ください。
院内:外来棟一階 初診受付窓口

  • 抗がん薬治療トレーシングレポート(服薬情報提供書)
    フォームPDF版フォームWORD版
    記載例1 PDF記載例2 PDF

    研修会について

    (準備中)