もの忘れセンター先進的な医療への取組み

  1. 総合機能評価(疾患評価、ADL、認知機能、うつ・意欲、社会的背景など)を用いた認知症の評価: 軽症から重症まで程度に応じた評価と個別化医療
  2. 歩行機能、転倒評価などの身体機能評価
  3. 光トポグラフィーを用いた個別脳活性化療法の選択
  4. 認知症の漢方治療: 特に周辺症状に対する治療
  5. 経頭蓋ドップラー法による脳血流量の測定

研究