電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 手術部(中央・外来)

手術部(中央・外来)

概要・特色

診療科概要

当院の手術部には、中央手術部16室、外来手術室4室があり、入院、外来患者さんを問わず、2つの手術室を効率的に使用することで、スムーズに手術スケ ジュールが立てられるようにしています。また、予定された手術だけでなく、高度救命救急センターに搬送された患者さんや、入院中に緊急手術が必要になった 患者さんにも対応できるよう24時間体制で手術部を運営しています。

手術部の運営は、手術部長、各診療科医師、手術部看護師長、看護スタッフに加え、臨床工学技士、臨床検査技師などのコメデイカルが協力して手術室を利用する患者さんに質の高い治療、看護を提供できるよう体制を整えています。

平成27年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

手術部を利用する主な診療科は外科系で、手術療法が中心になりますが、当院では、患者さんにより安全な治療を提供できるよう、リスクの高い手術以外の治療、検査なども、人員、設備共に整った手術部を利用して行っています。

理念

暖かい心のかよう、満足度の高い医療を患者さんに提供します。

基本方針

  1. チームワークによる質の高い医療を提供します。
  2. 医療の安全に最善の努力を払います。
  3. 教育病院として良き医療従事者を育成します。
  4. 地域医療の推進に貢献します。
  5. 先進的な医療の実践と開発に取り組みます。
  6. 手術療法を必要とする人をスムーズに受け入れるための体制を構築します。

目標

  1. 安全な手術を行う。
    • 1) 医療事故の発生を防ぐ。
    • 2) 術後感染発生率を低下させる。
  2. 特定機能病院の手術部として必要な機能を整える。
  3. 空き枠の効率的な運用により待機手術患者を減らす。
  4. 手術患者が速やかに手術実施できる体制を整える。

特色

2010年に内視鏡専用室がリニューアルし、最新の設備、システムが導入されました。年々鏡視下手術の症例が増え、現在では消化器外科、泌尿器科、呼吸器外科、婦人科、耳鼻咽喉科、形成外科、脳神経外科、整形外科など多くの外科手術に用いられるようになりました。内視鏡手術は、正常組織への損傷を最小にし、体への負担を少なくすることを目的とした手術療法で、高度な技術を必要とする手術の一つです。

また、手術を安全に行うための取り組みも行っており、術前休薬のチェック漏れや、術前準備不足などのエラーを防ぐための具体的な方策として、入院前の麻酔術前説明外来を開始しました。開始当初は、週1回月曜日に婦人科のみを対象としていましたが、平成23年度には月、火、水、木曜日の週4日に拡大し、対象診療科も、産科、耳鼻咽喉科、乳腺外科、整形外科、形成外科(小児)、呼吸器外科、泌尿器科、小児外科に拡大しました。この麻酔科術前説明外来は、手術室看護師も同席しているため、患者さんの個別の相談・要望に応じることが可能となりました。これにより、手術に関わる問題に対し入院前から予防策を講じ、安全性の高い手術の実施をめざす体制が整い、手術直前に中止になる症例が減少しました。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内