呼吸器・甲状腺外科先進的な医療への取組み

超音波気管支鏡による末梢の小型肺病変に対する生検、リンパ節生検、胸腔鏡検査などを積極的に行い、より確実な診断と的確な病期の決定を可能としています。さらに小型肺がん・早期肺がんに対する低侵襲手術として、切除範囲を縮小する方法(区域切除・肺部分切除)についても積極的に取り組んでいます。

手術療法のみならず、集学的な治療として非小細胞肺がんに対する術前化学放射線治療や、術後補助療法を行い、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)肺がん外科グループの一員として、臨床試験にも参加しています。