電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 救急科

救急科

先進医療への取り組み

目撃者のある心肺停止患者様に対して、経皮的心肺補助療法(PCPS、percutaneous cardio pulmonary support)を用いた心肺蘇生療法、蘇生後の低体温療法を積極的に取り入れています。また、多発外傷患者様の腹部実質臓器損傷に対する血管IVR(インターベンショナルラジオロジー、放射線学的手技を応用して行う治療法)として動脈塞栓術(transcatheter arterial embolization; TAE)を積極的に施行しています。そのほか、多発外傷に対する経皮的大動脈遮断術を利用した治療や、重度不安定型骨盤骨折の集学的治療、多発肋骨骨折(フレイルチェスト)に対する肋骨固定術を積極的に行っています。重症顔面外傷に対する急性期治療、脊椎・脊髄外傷に対する急性期全身管理、気道熱傷を含む広範囲熱傷の集学的治療、間接熱量計を応用した重症患者の栄養管理も行っています。

当高度救命救急センターでは、重症上部消化管出血に対する内視鏡的クリップ止血術、適応のある急性・慢性呼吸不全患者様に対するマスク式陽圧人工呼吸(NIPPV、non-invasive positive airway pressure ventilation)も積極的に行っています。重症外傷にたいする救急医療領域にとどまらず、敗血症、多臓器不全を来した重症患者様、重症急性膵炎患者様に対する血管・非血管IVRを含む集学的治療など、内科的重症疾患に対する先進医療も積極的に行っています。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内