救急科症例数・実績

診療実績(令和元年度)

Trauma & Critical-care Center(TCC)での3次救急医療部門を専門領域とする重症救急患者の診療を行っている。令和元年度における3次救急患者数は合計2,051名であり、そのうち1,474名がTCC病棟の集中治療室に入室した。重篤な患者の内訳は、来院時心肺停止(CPA)患者316名、重症循環器系疾患363名、重症中枢神経系疾患104名、重症急性中毒94名、重症外傷78名、重症呼吸器疾患352名、重症消化器疾患9名、重症感染・敗血症30名、重症熱傷22名、その他93名であった(図)。