レジデント・指導医の声

レジデントの声

森久保 美保

(小児科)

平成26年 杏林大学卒業

杏林大学医学部付属病院にて(初期)研修


平成28年3月に杏林大学医学部付属病院初期臨床プログラムを終了し、同年4月より後期臨床研修医として小児科へ入局しました。

私自身は杏林大学出身であり8年間当大学にて学んで参りましたが、初期研修医は都内大学病院の中では比較的他大学出身者も多く集まっており、互いに刺激し合いながら切磋琢磨しつつ研修できる環境と自負しております。そしてその多くが当院後期研修医として勤務しており、各科に相談できる頼れる同期が居るということも、大きな利点となります。

私が入局した当院小児科の特徴として、気管支喘息・急性胃腸炎のようなありふれた疾患から、大学病院ならではの難病、また急性期・慢性期にとらわれず、非常に多くの疾患を経験できる点が挙げられます。さらに、救急外来ではwalk inの患者さんの診療から、多摩地区においての急性期医療の中心とも言える高度救命救急センターを構えている事から、3次救急での小児患者さんの診療まで、対応は多岐に渡ります。大学病院としてのacademicな面も持ち合わせ、学会での発表だけでなく、週2回症例検討会も行っており、最新の知見なども日常業務に並行して学ぶ機会が得られます。各専門別に様々な場面で活躍されている上級医の先生方からの指導も得られ、臨床現場を通じて日々勉強されていただいています。

私は、臨床実習・初期研修期間を経て、当院小児科の診療に触れることで徐々に進路として深く考えるようになりました。実際の診療の中で初めて発見できることも多いかと思います。是非、研修先として杏林大学病院を選択していただき、患者さんと向き合いながら、良医を目指して共に学んでいければと思います。



津村哲郎

(糖尿病・内分泌・代謝内科)

平成26年 杏林大学卒業

杏林大学医学部付属病院にて(初期)研修

2016年3月に杏林大学病院の初期研修を修了し、現在は糖尿病・内分泌・代謝内科に入局し糖尿病をはじめとした様々な内分泌疾患を持つ患者さんと向き合いながら猛勉強の日々を送っています。多摩地区唯一の大学病院である当院には多種多様な疾患をもつ患者さんが受診され、当院で得られる経験の幅広さは国内でも間違いなくトップクラスと確信しています。

もう1つ当院の魅力を語る上で外せないのは、人のあたたかさです。

入職当初、診療実践に消極的だった私を熱く叱って下さる先生や、自らの背中でやるべきことを示してくださる先生とたくさん出会ってきましたが、ダメな奴は放っておこうと目を背ける先生は記憶の限り1人もなく、そんな中で仕事をしているうちいつの間にか責任をもって患者さんを診るんだという強い気持ちが芽生えました。先生方が自らの向上心のみならず後輩に対する教育熱心さも兼ね備えているからこその環境だと思っており、そんな中で学ばせていただき感謝が尽きません。

当院は、大学病院として基礎・臨床ともに専門的な研究に力を入れている一方で、多摩地区有数の急性期病院として目の前の患者に最善の医療を、という考えも大切にしている面があります。また他大出身者への排他的な雰囲気は全くなく、和気藹々と診療を行っています。当院でなら、どのようなスタンスの人でも自らの道をとことん追求できると思います。

皆さんも、我々と一緒に仕事をしませんか。


ページトップへ


指導医の声

小嶋 幸一郎

(消化器・一般外科)

当院は武蔵野地区唯一の大学病院であり、特定機能病院として高度先進医療を提供するのみならず、地域中核病院として救急医療にも力を入れており、大学病院でありながら、common diseasesからrare diseasesまで幅広く症例を経験できる、都内では数少ない大学病院であります。私の所属する消化器・一般外科でも、虫垂炎や消化管穿孔などの救急疾患に対する手術から、膵癌や肝臓癌などの高度の技能を要する手術まで、さらには胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡手術なども行っており、専攻医(後期研修医)も幅広い症例を経験することが出来ます。

また救急部門では、多彩な分野の専門医師によって構成される救急初期診療チームが専門科への振り分け(トリアージ)を行っており、救急総合診療科を中心として全診療科が協力しあって救急初期診療にあたっています。専攻医の皆さんにとっても、このような環境で救急医療の研修を行えるので、幅広くかつ専門的知識を効率よく身に付けることが出来きます。

当院は分院がなく、医師の移動が少ないため、各診療科の連携も緊密であり、アットホームな雰囲気の中で研修ができるので、他大学出身者が先輩の口コミで当院での研修を選択されることが多いのも特徴と言えるでしょう。

新しい専門医制度が始まろうとしていますが、総合診療専門医を含む19の基本領域すべてで専門研修プログラムが作成されており、皆さんを迎える準備が着々と進んでいます。

一人でも多くの皆さんと、この武蔵野の地で、一緒に医療が出来ることを楽しみにしております。