専攻医・指導医の声

専攻医の声

rsatoh_t

佐藤 良輔

(腎臓・リウマチ膠原病内科)

平成29年 杏林大学卒業

杏林大学医学部付属病院にて初期研修


私は杏林大学出身で2017年4月より杏林大学医学部付属病院で初期研修を行い、2019年4月に腎臓・リウマチ膠原病内科に入局し、現在内科専門研修の専攻医として勤務しています。当院の研修の特徴として、2年間の初期研修では自由選択期間が長く、フレキシブルに研修を行えるため、自分の進路が決まっている人は将来を見据えて研修することが出来ます。私自身は初期研修で様々な経験を積むことができ、自分の新たな可能性を見つけることが出来る環境であると実感しました。私の所属する腎臓・リウマチ膠原病内科では原発性また続発性腎疾患を扱う腎臓内科と関節リウマチや血管炎をはじめとする膠原病を扱うリウマチ膠原病内科を1つの科で診療しております。診療に際して様々な内科疾患や膠原病では皮膚病変、関節病変など全身症状を呈することも多く、初期研修で学んだ知識や手技は現在の私の土台になっております。

現在新専門医制度が開始となり、より複雑になっている専門研修ですが、当院ではcommon diseasesから希少疾患まで様々な症例を経験することができ、丁寧かつ熱心な指導医も多く、しっかりとフィードバックを受けることが出来ます。また人のあたたかさやアットホームな雰囲気も当院の特徴の一つであり、安心して研修や診療に打ち込める環境であると感じます。

研修先として杏林大学病院を検討している方は是非一度に見学にいらしてください。実際に雰囲気を感じ取っていただければと思います。



rnakata_t

中田 千穂

(循環器内科)

平成29年 他大学卒業

杏林大学医学部付属病院にて初期研修

私は他大学を卒業の後、2017年4月から杏林大学医学部付属病院で初期臨床研修を行いました。2019年4月より同大学の循環器内科に入局し内科専攻医として勤務しています。

学生時代に病院見学へ来た際、風邪や胃腸炎などのcommon diseaseから大学病院ならではの最先端治療まで多くを学べる環境と、院内の明るい雰囲気に魅力を感じ初期研修先として希望しました。

初期研修を進めるにつれて、循環器疾患は慢性疾患から緊急性の高いものまで様々であり、カテーテルやデバイスなど多くの手技があること、重症患者でも治療により劇的に改善が得られることに心惹かれ、循環器内科への入局を決意しました。

杏林大学病院は多摩地区の中核病院であり、多彩なバックグラウンドを持った患者さんが来院されます。また、救急医療の要である高度救命センターを有しているために、昼夜を問わず多くの症例を経験出来ることも魅力的です。

現在専攻医として勤務する中で、上級医の丁寧な指導と疑問に思った点はすぐに解決し次に活かすことのできる症例数の多さが、医師として必要な知識や技術の習得にとても恵まれた環境であると思います。初期研修に関しても他大学出身者が多いため学閥など無くアットホームな環境で研修を行うことができ、実際に2年間の初期研修を終えてやはり満足度が高いのでしょうか、同期の数多くもそのまま専門研修を同病院で行っています。

是非一度見学にいらして頂き、実際に雰囲気を感じてもらえればと思います。


ページトップへ


指導医の声

小嶋 幸一郎

(消化器・一般外科)

当院は武蔵野地区唯一の大学病院であり、特定機能病院として高度先進医療を提供するのみならず、地域中核病院として救急医療にも力を入れており、大学病院でありながら、common diseasesからrare diseasesまで幅広く症例を経験できる、都内では数少ない大学病院であります。私の所属する消化器・一般外科でも、虫垂炎や消化管穿孔などの救急疾患に対する手術から、膵癌や肝臓癌などの高度の技能を要する手術まで、さらには胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡手術なども行っており、専攻医(後期研修医)も幅広い症例を経験することが出来ます。

また救急部門では、多彩な分野の専門医師によって構成される救急初期診療チームが専門科への振り分け(トリアージ)を行っており、救急総合診療科を中心として全診療科が協力しあって救急初期診療にあたっています。専攻医の皆さんにとっても、このような環境で救急医療の研修を行えるので、幅広くかつ専門的知識を効率よく身に付けることが出来きます。

当院は分院がなく、医師の移動が少ないため、各診療科の連携も緊密であり、アットホームな雰囲気の中で研修ができるので、他大学出身者が先輩の口コミで当院での研修を選択されることが多いのも特徴と言えるでしょう。

新しい専門医制度が始まろうとしていますが、総合診療専門医を含む19の基本領域すべてで専門研修プログラムが作成されており、皆さんを迎える準備が着々と進んでいます。

一人でも多くの皆さんと、この武蔵野の地で、一緒に医療が出来ることを楽しみにしております。



kurata_t

倉田 麻衣子

(皮膚科)

当院は都心に程近い、井の頭公園や閑静な住宅地に囲まれた緑豊かな多摩地区にあります。この地区で唯一の大学病院の本院であり特定機能病院でもあることから、地域医療の中核を担うとともに、高度な医療の提供を行っています。また、新専門医制度が平成30年度から始まり、当院は総合診療専門医を含む19領域の全てにおいて基幹施設となっています。連携施設と協力して質の高い研修指導・支援体制を各診療科で整えていますので、安心して研修を受けることが可能です。

私の所属する皮膚科では、皮膚科専門医・指導医が常勤医師の約半分を占めており、日常診療はもちろんのこと、専門医取得に必要な知識や技能を習得できる密度の高い指導体制をとっています。また、女性医師が約7割を占めていることから、ライフイベントと研修の両立を積極的にサポートしています。もしご興味がありましたら是非一度見学にいらしていただければと思います。

どの医局も、出身大学、初期研修先の異なる先生がアットホームな雰囲気で仕事をしており、各診療科の連携も緊密ですから、他大学出身でもすんなりと溶け込める研修環境であることも当院の特徴です。教育体制と研修環境の整っている杏林大学医学部付属病院で是非一緒に働きませんか。