本学の男女共同参画推進室は、女性研究者の「ライフイベントやワーク・ライフ・バランスに配慮した両立支援」と「女性研究者の裾野拡大・研究力向上」を全学的に推進することを目的とし開設されました。
具体的な取組は、
1.ライフイベント支援制度活用の奨励、出産・子育て支援ナビと介護支援ナビの運営
2.復職支援策の拡充、ハラスメント防止対策、柔軟な勤務制度の運用
3.女性研究者採用・キャリア継続支援の意識啓発、人事を含む組織運営への女性参画拡大
4.進学相談体制の強化、メンターによる個別指導等

となっております。

メンバー紹介

室長メッセージ


本学では平成26年度の文部科学省の科学技術人材育成費補助事業である「女性研究者研究活動支援事業(一般型)」に採択されたことを受けて、男女共同参画推進室を開設いたしました。これからの大学活性化と学術発展のためには、ダイバーシティーの尊重がますます重要となっており、多様な人材の能力を活かした柔軟な教育・研究活動を支える大学づくりを進めていかなければなりません。全学で男女共同参画の意識を培い、女性研究者が男性とともに能力を十分に発揮して生き生きと研究活動を行えるよう、きめ細やかな支援体制の確立に取り組んでまいります。また、本学の研究推進センターと協働しながら、研究者の裾野拡大と人材育成を促進し、ライフイベントと研究を両立するための環境整備を効果的に行っていきます。女性研究者がワーク・ライフ・バランスを実現して研究力を向上できるよう、さらに、活躍の場を積極的に広げて様々な形で社会貢献していけるよう、室員・スタッフ一同、最善を尽くす所存です。

本事業の成功に向けて皆様の暖かいご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

杏林大学男女共同参画推進室・室長
(医学部・衛生学公衆衛生学・教授)
苅田 香苗

副室長
萬 知子(医学部・麻酔科学・教授)
蒔田 耕平(学園事務局長・総務部長 )

コーディネーター
江頭 説子(特任講師)

コーディネーター補佐
石原 牧

事務職員
木村 昭俊(公的資金企画管理課・課長):事務統括
黒木 奈津子(公的資金企画管理課・課員)

女性研究者研究活動支援事業とは

「女性研究者研究活動支援事業」は、文部科学省が平成23年度より実施している科学技術人材育成費補助事業のひとつです。
本事業は、日本の女性研究者がその能力を最大限発揮できるよう、「出産・子育て・介護等のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や研究力向上のための取り組み、上位職への積極登用に向けた取り組み」を3ヵ年にわたり国が支援するものです。
本学では採択に伴い「男女共同参画推進室」を新たに設置し、「他大学のモデルケースになる女性研究者支援のシステム構築」を目指します。

PAGE TOP