電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 脳卒中センター

脳卒中センター

概要・特色

診療科概要

一、二次および三次救急外来に搬送されたすべての脳卒中患者に24時間365日対応し、専門医が直ちに迅速で適確な脳卒中診療を開始します。また、脳卒中専門病棟で発症翌日より超急性期リハビリテーションを提供しています

取り扱っている主な疾患

急性期脳卒中の治療全般、慢性期脳卒中の予防的治療

理念

救命救急センターを持つ地域基幹病院ならではの、迅速で適切な初期治療を提供することを当センターの理念としております。

基本方針

地域の診療所・病院との綿密な連携により、患者様のニーズにあった、オーダーメイドの診療計画を目指しています。「やるべきことをやる」を基本姿勢とし妥当で安全な脳卒中診療を提供します。各種ガイドラインに沿った治療を行います。

目標

脳卒中は未解決の問題が山積する領域です。一つ一つ、現場の疑問を解決する形で脳卒中診療のレベルを上げていきたいと考えております。

特色

当センターは診療科の垣根を越え、脳卒中科・脳神経外科・神経内科・リハビリテーション科が共同参画し、診療科横断的に運営される脳卒中センターです。脳卒中専門診療医に加え、専門看護師・理学療法士・作業療法士・言語療法士・薬剤師・医療ソーシャルワーカーが1つの脳卒中専門診療チーム(Stroke Care Team)を形成しています。包括的脳卒中センターとして、超急性期脳梗塞や脳出血に対する内科的・外科的高度先進医療を24時間体制で提供し、脳卒中専門病棟(Stroke Care Unit、Stroke Unit)で発症翌日より超急性期リハビリテーションを実施しています。
脳卒中救急患者の受け入れについて北多摩南部二次医療圏を中心とした地域の救急隊や各種医療機関と有機的に連携し、一人でも多くの急性期症例を受け入れられるように努めております。また慢性期症例については一次医療機関や回復期リハビリ病院、療養型病床機関などとの連携の強化を重視し、一般市民との関わりとしては脳卒中協会の活動等を通じて積極的に社会との連携を図っております。スタッフが各所に出向いて脳卒中に関する講演を2018年は90回行い、啓発活動にも力を入れています。
頸動脈超音波装置、経頭蓋超音波装置、脳血管撮影、MRI/MRA、CTが24時間施行可能な体制をとり、迅速な診断が可能となっています。そして入院中に脳血流SPECT、経食道・経胸壁心臓超音波、24時間心電図、脳波、脈波伝播速度、血小板凝集能の測定などを行い、正確な脳卒中の病型診断につとめています。


内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内