大学ホーム医学部教室紹介脳卒中医学教室

脳卒中医学教室

教室専任教員

教授 平野 照之
准教授 海野 佳子
講師 河野 浩之
助教 天野 達雄 本田 有子

教室概要

脳卒中に特化した脳・神経疾患の臨床系教室です。脳卒中には、脳の血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」、脳血管が詰まる「脳梗塞」があり、神経内科、脳神経外科、循環器、血栓止血、神経放射線、リハビリテーションなど、包括的な知識が求められます。超高齢社会を迎え日本の国民病として重要性を増している脳卒中について、系統的かつ効率的な教育を実践しています。

教育の特色

脳卒中学の進歩は著しく、内科外科の枠組みを超えて最新の知見を習得できるよう1年次、3年次、4年次に座学の機会を設けています。年々アップデートされる最新知見についても、up to dateに習得できるカリキュラムとしています。BSLでは診療チームの一員として急性再灌流療法の実際を体験してもらっています。

研究テーマ

急性期脳梗塞に対する血行再建療法

発症直後の脳梗塞例に対するt-PA(組織プラスミノゲン・アクチベータ)静注および機械的血栓除去デバイス(Solitaire、Penumbraなど)を用いた血管内治療に取り組み、その成績向上に向けた様々なシステム整備やその効果検証を行っています。

脳梗塞に対する抗血栓療法の最適化に関する研究

脳梗塞の抗血栓療法(抗血小板療法、抗凝固療法)について、血小板凝集能、凝固・線溶マーカー、神経超音波検査、脳血流検査などを用いた病態解析を行い、最適な薬物療法の選択とその効果検証を行っています。

頸動脈狭窄症への治療介入研究

頸動脈狭窄症について、頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)、頸動脈ステント留置術(CAS)、薬物療法(抗血栓療法+リスク管理)のいずれにも対応できる体制で、症例毎に方針を決定し前向き観察研究を実施しています。

急性期脳出血に対する新規薬物療法(FASTEST)

発症直後の脳出血例に対する国際共同研究(FASTEST)に参加しています。

近年の主な業績(5件)

  1. Kishi T1, Hirano T, Mizuno A2, Matsumoto C3, Fukuda M4, Sanada S5, Ishida M6, Node K7, Miyamoto S8, Komuro I9 on behalf of Directors of the Japan Stroke and Japanese Circulation Societies (1International University of Health and Welfare, 2St.Luke's International Hospital, 3Tokyo Medical University, 4Keio University, 5Osaka City University, 6Hiroshima University, 7Saga University, 8Kyoto University, 9The University of Tokyo): Joint Declaration on COVID-19 by the Japan Stroke and Japanese Circulation Societies. Circ Rep 2(6): 343-344, 2020.
  2. Kawano H, Ebisawa S, Ayano M, Kono Y, Saito M, Johno T, Maruoka H, Ryoji N, Yamashita H, Nakanishi K, Honda Y, Amano T, Unno Y, Komatsu Y, Ogawa Y, Shiokawa Y, Hirano T: Improving Acute In-Hospital Stroke Care by Reorganization of an In-Hospital Stroke Code Protocol. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2021 Epub 2020 Nov 4.
  3. Ota T1, Shiokawa Y, Hirano T (1Tokyo Metropolitan Tama Medical Center): Impact of COVID-19 on stroke admissions and the medical care system in the Tokyo metropolitan area. Front Neurol 11: 601652, 2020.
  4. Kawano H,Honda Y,Amano T,Okano H,Suzuki R,Torii M,Unno Y,Shiokawa Y,Hirano T:Subcutaneous heparin therapy for patients with cancer-associated stroke.J Stroke Cerebrovasc Dis.28(2):399-404,2019.DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.10.012.
  5. 井口保之1,岩間亨2,大木宏一3,片岡大治4,河野浩之,山上宏5,河村朗夫6,福井重文7,赤木禎治8,金澤英明9,原英彦10,日本脳卒中学会,日本循環器学会,日本心血管インターベンション治療学会,三学会合同手引き作成委員会(1東京慈恵会医科大・神経内科,2岐阜大・脳神経外科,3東京都済生会中央病院・神経内科,4京都大・脳神経外科,5国立循環器病研究センター・脳卒中集中治療科,6国際医療福祉大・循環器内科,7国立循環器病研究センター肺循環科,8岡山大・循環器内科,9慶應義塾大・循環器内科,10東邦大学医療センター大橋病院循環器内科):潜因性脳梗塞に対する経皮的卵円孔開存閉鎖術の手引き.脳卒中 41:417-441,2019.
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP