職員紹介

members201705


医療職

赤木 美智男[センター長]

1994年に小児科講師として杏林大学医学部に奉職しました。もともと学生の教育には関心がありましたが、1999年に医療研修推進財団(P-MET)と臨床研修研究会主催の臨床研修指導医養成講習会(現在全国各地で行われているワークショップ形式の指導医養成講習会の元になったもの―当時は4泊5日でした)に病院長命令で参加してから、一層教育に興味を持つようになりました。

ちょうどその頃は、医学教育改革の波が各大学に押し寄せ、また新しい研修制度導入に対して準備が必要な時期でした。杏林大学医学部でも医学教育専従の教員が必要だということになったようで、その任を仰せつかり、2003年1月から医学教育学の教授に就任しました。教育学の専門的なトレーニングを受けたこともなく、研究もしたことがないという状態で、手探りで進んできましたが、各部署の御協力を得てどうにか卒前・卒後の教育の形を作ることについて職責を果たすことができました。まだまだ問題は山積みですが、冨田准教授や志を同じくする各科の先生方と協力して、杏林大学医学部の教育を充実させていきたいと考えています。

趣味はたくさんありますが、中学の頃から写真は好きで、最近は花の写真をよく撮っています。剣道・居合も細々とですが20年近く続けています。


冨田 泰彦[副センター長]

1987~2007年まで本学の脳神経外科、救急医学(高度救命救急センター)にて診療・研究・教育に携わり、学位(医学博士)、日本脳神経外科学会専門医、日本救急医学会専門医を取得。特に救急医学では医学部卒前教育や初期臨床研修に深く関わった経緯から2007年4月より医学教育学専任(現在、准教授・副センター長)となりました。 医学部・保健学部の卒前教育、卒後臨床研修教育、病院職員教育などの領域で教育推進業務を担当しています。『道のため、人のため、国のため』、『後輩や子供たちへの最高の贈り物は「教育」である』等の思いを込めて医学教育に関わっています。


矢島 知治[准教授]

2015年3月までは慶應義塾大学医学部消化器内科で教育担当として、臨床の本質は何なのか、それはどうしたら身につくのか、学習者のモチベーションは何によって規定されるのか、といったことに興味を抱きながら診療参加型実習の体現に取り組んできました。学生の成長を日常的に肌で感じながら、自分自身も教育者として、そして医師として進化し続けることのできた10年間でした。学生からの投票によって選ばれる慶應義塾大学医学部のBest Teacher Awardを8年連続で受賞できたことは、その証として誇りに思っています。
縁あってこの4月からは杏林大学医学部医学教育学教室のメンバーとなりました。目指しているのは慶應で行ってきた教育の再現ではありません。慶應ではできなかったことも克服することで、学生や研修医がワクワクしながら成長し続けられる最高の教育環境を確立するのが使命だと思っています。杏林にはそれを実現するための仲間が揃っているので、他ならぬ私自身がワクワクしながら過ごしています。


佐藤 澄子(兼任)[看護学科准教授]

開設以来、総合研修センターでお世話になり9年目となります。

現在、派遣職員・委託職員の教育研修を企画し、医療安全管理部共催で6月に計8回開催しました。参加人数は約600名でした。今年度で2回目の開催となります。

非常に熱心に受講されている様子を肌で感じ、私自身も元気を頂いています。

総合研修センターは、2病棟D棟3Fに位置し、シミュレーションラボ室も併設しています。病院で働く職員のスキルアップは勿論、看護学科での学生の技術演習「BLS」など、授業の一環としても利用させて頂いております。


木下 千鶴(兼任)[副看護部長]

平成26年4月1日より、総合研修センター兼任となりました。 看護部では、主に看護職のキャリア発達支援、そのための教育・研修を担当しております。これまでも、看護部における各種研修では、総合研修センターのスタッフの皆様にはご協力を頂いておりましたが、役割を拝命して間もないことからも、センターの多様な役割・機能について、具体的にはまだまだ分からないこともあります。今後は、スタッフの皆様のお力を借りながら、病院の理念・基本方針をもとにした人財育成に貢献できるように努めてまいります。また、総合研修センターと看護部の連携がよりよいものとなるよう、センターにおける教育・研修活動にも積極的に参加し、看護部における活動を報告していきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。