リハビリテーション科概要・特色

診療科長からみなさまへ 診療科長からみなさまへ

診療科長/教授 山田 深 診療科長/教授
山田 深

身体機能回復と社会参加をサポート

リハビリテーション科では、病気や怪我によって生じた様々な”障害”を医学的な視点から評価し、包括的な対応を検討いたします。身体機能の回復を図りつつ、社会参加における制約を克服するための方法を、リハビリテーションチームと検討しましょう。歩くこと、食べること、話すことなど、様々な日常生活における活動と社会参加を専門的にサポートいたします。

当診療科の特色

  • 脳卒中、脳外傷、整形外科疾患、心疾患、呼吸器疾患、そしていわゆる廃用症候群などの多彩な病態に対し、各診療科での治療と並行して早い段階から積極的な離床を進めて身体機能の回復を図り、早期の退院に向けたサポートを行っています。
  • 後遺症をできるだけ残さないようにするとともに、後遺症が残ったとしてもできるだけ質の高い、自立した生活を送ることができるようにトレーニングを行い、補装具や自助具、福祉サービスの導入をお手伝いいたします。

取り扱っている主な疾患

  1. 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、外傷性脳損傷、脳腫瘍
  2. 神経筋疾患、変性疾患
  3. 虚血性心疾患、心不全、大動脈解離
  4. 慢性呼吸不全、肺がん
  5. 骨折、外傷、熱傷、切断、脊髄損傷、末梢神経障害
  6. 構音・嚥下障害
  7. 脳性麻痺、運動発達障害
  8. 廃用症候群(感染症後など)

診療体制

外来はリハビリテーション室内で毎日午前中に診療を行っています。なお、リテーション科の入院病床はございません。リハビリテーション全般を対象とし、適切な障害評価の上で積極的かつ効率的な理学・作業・言語療法を提供しています。

フロアガイド

先進的な医療への取組みに
ついて

  • 脳卒中ユニットにおけるチームリハビリテーションを展開するとともに、脳外科病棟においても専従リハビリテーションシステムを構築しています。
  • ICUでの早期リハビリテーションにも専従スタッフを配置して取り組んでいます。
  • 看護部と協力し、摂食機能療法を幅広く行う体制の整備を進めています。
  • 世界保健機関(WHO)が推奨する国際生活機能分類(ICF)をリハビリテーション医療の現場に導入し、普及推進へ向けた活動を行っています。

先進的な医療への取組み

症例数・実績

入院診療の実績(平成30年度)

患者総数(再入院、併診患者含む) : 外来700例、入院6565例(リハビリ処方数)

主要疾患 患者数
廃用症候群 1402例
脳卒中 1075例
骨関節疾患 1067例
循環器疾患 1002例
呼吸器疾患 632例
脳腫瘍 508例
髄膜炎等中枢神経疾患 290例
脊髄障害 101例
神経筋変性疾患 79例
小児神経疾患 50例

症例数・実績