MENU
0422-47-5511

インターンシップ参加者からのメッセージ

患者さんへの丁寧な接し方を見て、「自分もこうなりたい」と憧れました

外科系共同個室
加々美 里菜さん
山梨大学卒業(2019年度入職)

 大学3年の冬に、杏林を含めて4つの病院のインターンシップに参加しました。杏林で印象的だったのが、どのスタッフも患者さんへの接し方がとても丁寧だったこと。忙しいなかでも患者さん一人ひとりに声をかけ、ケアや検査・処置などの質問があれば、その理由まできちんと説明をしていました。その姿を見て感銘を受け、自分もこんなケアやかかわり方ができる看護師になりたいと思い、ここで働くことを決めました。病院選びでは実際に現場を見ることが大切なので、少しでも興味を持った方は、ぜひ参加してほしいと思います。

患者さんを第一に考えた看護に感動。ぜひ杏林の看護を見に来てください!

集中治療室
古畑 万里香さん
甲南女子大学卒業(2019年度入職)

 学生時代にお世話になった先生から「杏林大学病院の教育制度が充実している」と聞きインターンシップに参加しました。高度救命救急センターで一人の先輩に付き、実際の看護を見学。患者さん一人ひとりの状態をしっかりと観察し、コミュニケーションが難しい状況でも患者さんを第一に考えた看護を実践している姿に感動しました。そして、私も先輩たちのような看護師を目指したい、ここで一緒に働きたいと、強く感じました。インターンシップは普段の職場の雰囲気や看護を間近に感じることができる貴重な機会です。ぜひ、杏林の看護を見に来てください。