精神神経科先進的な医療・研究

当科で実施している臨床研究について

「治療抵抗性うつ病におけるケタミン初期治療の実行可能性調査」に関するご協力のお願い

当院では、治療抵抗性うつ病の方に対し、ケタミンという新しい薬を投与して、血液の中で代謝物質がどのように変化するかを調べる研究をしています。

<概要>

  • ケタミンは国内では麻酔薬として使われている薬ですが、麻酔で使う量の半分で用いると、うつ病に対して効果があると海外で報告されています。
  • この研究では、国内の患者さんや医療体制でも、ケタミン治療を行っていくことが可能かどうかを検証します。
  • <対象>

  • 年齢:20 歳以上
  • 性別:男性・女性
  • 対象疾患:2 種類以上の抗うつ薬が効かない「治療抵抗性うつ病」と診断される方
  • <場所>
    杏林大学医学部付属病院

    <内容>

  • 治療前:診察、血液検査、尿検査、心電図検査を行います。
  • 治療 :外来で 2 週間ほどかけて、ケタミンの点滴治療を計 4 回行います。治療にあわせて診察と血液検査を行います。研究参加時にすでに受けている治療は、そのまま継続します。
  • 治療後:定期的に診察と血液検査を行います。
  • <費用・謝礼>

  • 本研究で行う診察や検査などに費用はかかりません。
  • 1 回の来院につき 5,000 円の負担軽減費(交通費含む)をお支払いします。
  • お問い合わせやご質問などは、下記までご連絡ください。
    杏林大学医学部 精神神経科学教室
    研究責任者 櫻井 準
    電話:TEL:0422-47-5511(代表)

    「精神疾患患者における退院後の就労・社会状況に関連する要因の検討」に関するご協力のお願い

    「難治性うつ状態を呈する神経発達症患者の行動特徴の検討」に関するご協力のお願い

    「抑うつ症状を呈した患者の復職状況に関連する要因の検討」に関するご協力のお願い

    「治療抵抗性気分障害患者の実態調査:診療記録調査」に関するご協力のお願い