電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 血液内科

血液内科

概要・特色

診療科概要

 血液内科は40~50床のベッド数を有し、血液疾患全般を扱っています。診療の中心となっているのは、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍ですが、その他の非腫瘍性血液疾患に関しても、積極的に受け入れを行っています。
 血液疾患の治療には造血幹細胞移植が欠かせません。当施設では、自家移植は平成14年、血縁者間同種骨髄移植は平成16年、血縁者間同種末梢血幹細胞移植は平成18年に、それぞれ第1例の患者さんの移植が行われました。更に非血縁者間同種骨髄移植は平成19年から、臍帯血移植は平成20年から実施可能となり、現在はあらゆる移植に対応できるようになっています。近年は、臍帯血移植に特に力を入れており、症例数も増加しております。当施設では、地域に密着した医療機関である特徴を生かして、初診から移植、その後のフォローアップまで、スムーズかつ継続した診療ができることを目指しております。今後も、より多くの患者さんに移植の機会を提供できるよう尽力していきたいと思います。
 杏林大学病院血液内科は、多摩地区の中核施設としての役割を果たし、より安全で良質の医療を提供できるよう、今後とも尚一層の精進を続けて参ります。

平成26年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

(赤血球系の疾患)
鉄欠乏性貧血,巨赤芽球性貧血,自己免疫性溶血性貧血,再生不良性貧血,発作性夜間血色素尿症,その他貧血一般,多血症

(造血器腫瘍)
急性骨髄性白血病,急性リンパ性白血病,慢性骨髄性白血病,骨髄異形成症候群,慢性骨髄増殖性疾患,悪性リンパ腫,多発性骨髄腫,原発性マクログリブリン血症,血球貪食症候群など

(出血性疾患)
特発性血小板減少性紫斑病,血栓性血小板減少性紫斑病,先天性血友病,その他の先天性凝固異常症,後天性血友病, von Willebrand病,血小板機能異常症など

理念

病に厳しく、人に優しい医療の実践

基本方針

  1. 患者さんの立場に立った暖かみのある医療を提供する。
  2. EBM(Evidence-based Medicine)に則り、科学的な視点に立った正しい医療を提供する。
  3. リスクマネージメントのルールを遵守した安全な医療を提供する。
  4. インフォームド・コンセントを重視した納得できる医療を提供する。
  5. 常に最新の知識・技術の習得に努め、医学の進歩に基づいた最先端の医療を提供する。
  6. 医療従事者が立場や職種を超えて協力するチーム医療を実践する。

目標

  1. 毎日の病棟ラウンド、チーム内討論を充実させ、治療内容の更なる向上に努める。
  2. 症例検討、勉強会を充実させ、各人の臨床能力の切磋琢磨に努める。
  3. 安全管理の基本ルールを徹底し、安全な医療の実践に努める。
  4. 医師・看護師・薬剤師・ケースワーカーなどの合同カンファレンスを充実させ、患者さんの個々の事情に配慮した思いやりのある医療の実現に努める。

特色

 白血病の化学療法や造血幹細胞移植に欠かせない無菌室は、3-3病棟にISO7レベルが個室4床、多床室8床、化学療法病棟にISO7レベルが個室4床、ISO5レベルが個室3床設置されています。白血病の化学療法は主として3-3病棟の無菌室で、造血幹細胞移植は主として化学療法病棟の無菌室を使用して行っています。
 造血器腫瘍において標準的な治療を確立するためには、他施設にまたがる大規模な臨床試験が重要です。当科では、白血病はJALSG、悪性リンパ腫はJCOGという全国規模の臨床研究グループに参加し、更なる治療成績の向上に努めています。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内