MENU
0422-47-5511

新人看護職員教育

「なりたい私」にまっすぐ続く道

 あなたが描く未来は、どんなカタチをしているでしょう。専門性を極めたスペシャリストとして活躍する?それとも、病棟全体を広く把握するジェネラリストになる? 「なりたい私」を見つけたら、あとはまっすぐ歩いていくだけ。しっかり大地を踏みしめて、 自分の足で歩いていくあなたのことを杏林大学医学部付属病院は全力で応援し、サポートしていきます。

<ANSS>杏林看護部独自の新人教育システムを導入

 看護の質向上・医療安全の確保・早期離職防止の観点から「保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部を改正する法律案」が成立し、平成22 年4 月1 日から新人看護職員の卒後臨床研修が努力義務として施行された。杏林では平成19 年度から看護部独自の新人看護職員教育システム「アプリコットナースサポートシステム(ANSS)」を導入。このシステムの特徴は、段階を踏んで確実に知識や技術を習得してから、次の行為に自信を持って進むことができる点。また、新人看護職員が学ぶべき技術項目をチームメンバー全員が把握できる「スケジュールパス」(PDF:236.5KB)を作成して、すべての看護職員がそれぞれ役割をもち、バックアップチームを作って新人看護職員に関わることができるようになっている。

新人看護職員について