MENU
0422-47-5511

看護継続教育

杏林大学医学部付属病院看護部では、看護部教育理念に基づいた教育目標を達成できるような人材育成を目指した教育を行っています。

看護部教育理念

患者さんによろこんでいただける看護の実践ができる人材の育成を行う。

看護部教育目標

  • 専門職業人としての能力を最大限に発揮でき、実践的な看護を提供できる人財の育成。
  • 時代の変化に即応し、質の高い看護サービスが提供できる人財の育成。
  • お互いを思いやることができ、対象者を尊重し、心のかよう看護ができる人財の育成。

 「杏林大学医学部付属病院看護部 臨床実践能力習熟度(クリニカルラダー)モデル」は、クリニカルラダーと教育プログラム、看護職員の成長のステップの関係性を示し、クリニカルラダーレベルⅣの目標を達成したその先にも、それぞれのキャリアビジョンに合わせて、ジェネラリスト・スペシャリスト・マネージャーなど、多様な可能性が広がっていることを示しています。
 看護部の教育プログラムは、クリニカルラダーレベルの目標達成のために計画されており、クリニカルラダーにおける臨床看護実践能力の構造である「実践」「教育」「研究」「倫理」「管理」「社会性」を枠組みとして、能力発達段階(レベル)ごとに看護職員自らが積極的にステップアップしていけるよう研修が計画されています。

自己教育ができる
看護職員