MENU
0422-47-5511

看護部長挨拶

教育体制と働く環境を整えて待っています。

  • 所属病棟にとどまらず活躍できるジェネラリストの育成
  • 専門的な知識や技術を持つスペシャリストの育成
  • 院内留学や他部署研修制度の導入
  • 短時間勤務をはじめとする多様な勤務形態を用意
  • 病欠や休暇に対応できる人的サポート体制を整備
  • 数日から一週間ほどのリフレッシュ休暇の導入

 看護部の教育理念は「看護の実践ができる“人財”の育成」です。 医療サービスを実践する看護職員は病院の財産であり、貴重な宝。そんな“人財”育成のために、看護職員の教育に力を入れているほか、希望の部署の仕事を体験できる院内留学制度を用意。 さらに、平成24年度からは一般病棟と手術室や集中治療室の垣根を越えて働く他部署研修制度を取り入れていく予定です。 ひとつの部署に固定されず、さまざまな患者さんをケアできることは、急性期病院で働く看護職員にとって大きなメリットになるでしょう。 同時に、専門看護師や認定看護師などのスペシャリストの育成にも力を注いでいきます。

 また、看護職員のワークライフバランスを整えるため、結婚や出産後も働き続けられる環境を整備。 短時間勤務をはじめ多様な勤務形態を取り入れ、突然の病欠にも対応できるように他病棟から看護職員を派遣する人的サポート体制を整えました。 このサポート体制を使って、将来的には1週間ほどのリフレッシュ休暇を実現していこうと考えています。 “人財”である看護職員に生き生きと働いてもらうことが看護部の願いです。

看護部長
道又 元裕

看護部概要