search

Menu

大学ホーム総合政策学部教員紹介・オフィスアワー教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 田久保 忠衛
教員名フリガナ タクボ タダエ
職位 客員教授
研究テーマ・分野 米外交史   米国を中心とした国際情勢分析
担当科目(学部) 国際政治学A, B、 国際秩序特論(大学院)、ゼミ
担当科目(大学院) 博士前期=国際秩序論A、B
博士後期=国際秩序論演習
略歴 昭和31年早稲田大学法学部卒。時事通信社入社。ハンブルク特派員、那覇支局長、ワシントン支局長、外信部長、編集局次長を経て昭和59年杏林大学社会科学部教授。
平成4年から学部長。法学博士。
平成8年第12回正論大賞受賞。
平成14年社会科学部・総合政策学部教授。
平成15年客員教授
論文・著書等を含む
主要研究業績
・「『新世界秩序』と日本」(時事通信社)
・「戦略家ニクソン」(中央公論新社)
・「新しい日米同盟」(PHP研究所)
・「アメリカの戦争」(恒文社21)
・「日本の領土問題」(PHP研究所)
所属学会 日本国際政治学会、ロシア・東欧学会 国際安全保障学会
学外活動 産経新聞「正論」、「諸君」など月刊誌で主張を展開
メールアドレス takubo@kyorin-u.ac.jp
ひとことメッセージ 時の国際問題を毎週分析し、討論している。日本のほか欧米の資料を数多く使用し、新聞とは別の角度から知的刺激の多い授業を特徴とする。単位を取得した学生も引き続き出席している。
このページのトップへ

PAGE TOP