ビジネス・スキルと専門分野を英語で学ぶ
総合政策学部のグローバル・キャリア・プログラム
はじめまして。「転機」と申します。 ビジネス・スキルと
専門分野を英語で学ぶ
総合政策学部のGCP

ABOUT GCP総合政策学部GCPとは?

「将来、国際的な仕事をしてみたいなぁ…」 「働く時に英語を使ってコミュニケーションを取れたら格好いいだろうけど、いまは英語が苦手」?? こうした学生たちの想いを応援し、将来の選択肢を広げる転機としてもらうべく、 杏林大学総合政策学部はGCP(グローバル・キャリア・プログラム)を2016 年に導入しました。

GCP は、たとえばネイティブのような発音と完璧な英文法を習得することが目的ではありません。 もちろん徹底した英語教育は行いますが、英語の修得それ自体はあくまでも通過点です。 このプログラムは、経済、経営、国際関係、福祉といった総合政策学部が提供する専門科目に加えて、 グローバルに活躍するビジネスパーソンにとって不可欠な各種技術(論理的思考、意思決定、発想、 プレゼンなどの技術)を英語で学び、そうした知識や技術を仕事で活かせるようになることを目指します。

GCPの5つの特色

  1. 入学時の英語力は問いません
  2. 初年次に徹底的なインテンシブ英語教育を提供します
    (初年次は最低週6コマ、英語または英語で行う授業があります)
  3. ビジネス・スキルや経済・経営などの専門分野を英語で学べます
    (英語の修得がゴールではありません。)
  4. オンラインのマン・ツー・マン・レッスンによる補講を活用します
  5. 留学を積極的に奨励します
    (一定の条件のもと学費減額制度・奨学金制度も活用できます)

LESSONオンライン英会話による
新たな学習スタイル

グローバル・キャリア・プログラムでは、「Oral Communication」の授業の一環として、 QQ English 社が提供するマン・ツー・マンのオンライン学習プログラムを活用します。 モチベーションを維持しながら英語を上達させるための早道は、とにかく英語をたくさん話し、 自分の英語が伝わったときの喜びと、伝えきれなかったときの悔しさを頻繁に「感じる」ことです。 GCP の学生には、教室内での学習に加えて、 ネイティブの先生と定期的に英語で会話する機会を積極的に提供します。

STUDY FLOW4年間の学習の流れ

  • 基礎的な英語力を養う

    • 少人数によるモチベーション重視型の英語学習
    • 座学形式の講義とマンツーマンのオンラインレッスンによる英会話講座
    • グローバルに活躍するゲスト講師によるレクチャー
  • 英語での思考・議論・発表と
    ビジネススキルの習得

    • 論理的思考の習得と英語での議論・発表の経験値を高める
    • ビジネスパーソンに求められる基本スキルの習得
  • 将来を考える・海外で学ぶ

    • 半年または一年間の海外協定校への留学・短期語学研修
    • グローバル・キャリアに向けたキャリア教育
  • 英語で社会科学を学ぶ

    • 経済やビジネスなど専門的な科目を英語で学ぶ

GCP Q&Aよくある質問と回答


英語を学ぶためのプログラムですか?
GCPは、「グローバルに活躍する社会人の育成」を目指しています。 単に語学として英語をマスターするだけでなく、国際的な仕事を行う際に必要なスキルや、ビジネスや経済など、 将来、役に立つ専門分野を「英語」で学んでいきます。

入学時にどの程度の英語力が必要なのでしょうか?
入学時の英語力は問いません。入学直後から2 年生の春学期まではとにかく英語漬けの時間を過ごし、 英語で考え、表現する力を習得します。英語に苦手意識を持っている人でも安心して授業を受けることができます。 むしろ、入学時の英語力の高さよりも、高い志と行動力をもった学生を歓迎します。

募集人員は何人でしょうか?
明確な定員は設定していません。ただし、少人数プログラムによるきめ細かい教育を実施するため、 応募者多数の場合、志望動機書の審査や面接などを実施する場合があります。

海外留学や海外語学研修への参加は必須ですか?
留学は必須ではありませんが、3 年次以降、 専門科目を英語で学んでいくうえで十分な語学力を養うため、推奨します。 卒業要件やGCP 修了証書発行要件ではありません。

GCPに参加すると、卒業が大変になりますか?
GCPの学生がGCP科目の単位を取得した場合、通常の必修科目や選択必修科目が一部免除になりますので、 GCPへの参加により、卒業までに取得すべき単位数が増えることはありません。

卒業に必要な単位のうち、GCP科目は何単位くらいを占めるのですか?
卒業に必要な単位のうち、GCP 科目の割合は約半分程度です。GCP 科目は原則として総合政策学部の卒業単位として 認定されます。所定のGCP 科目に合格した学生には、卒業時にGCP 修了証書が発行されます。

海外留学のための奨学金などはありますか?
留学の際に、所定の条件を満たしている学生は杏林大学が提供する学費減額制度、 留学奨学金制度などが利用可能です。

GCPへの参加にあたり、別途費用は発生しますか?
GCPへの参加に際しては、初年次のみ、マン・ツー・マンのオンライン学習プログラムの 受講費と教材費(年間約5 万円:予定)が別途かかります。 また留学する場合は、留学先や留学期間によって異なる費用が別途かかりますが、 上記のとおり、所定の条件を満たす学生は学費の減額制度や奨学金を利用できます。

CURRICULUMGCPの学生が卒業までに
履修する科目の例

学部英語科目(必修、8単位)

科目 履修時期 単位
英語I 1前 2
英語II 1前 2
英語III 1後 2
英語IV 1後 2

GCP関連科目(選択必修、8単位)

科目 履修時期 単位
Critical Thinking 1後 2
Global Career Development 1後 2
Communication for Business 2前~ 2
Japan Studies 2前~ 2
Public Speaking in English 2前~ 2

GCP英語科目(必修、16単位)

科目 履修時期 単位
Oral Communication 1 1前 2
Oral Communication 2 1後 2
Academic Writing 1 1前 2
Academic Writing 2 1後 2
Academic Writing 3 2前 2
Recent Topics in English 2前 2
Business Communication 1 2後~ 2
Business Communication 2 3前~ 2

留学プログラム(選択)

  履修時期 単位
海外協定校等に1セメスター留学 2後~  

GCPグローバル専門科目(Introductory)(選択必修、4単位以上)

科目 履修可能時期 単位
Introduction to Business 2後~ 2
Introduction to Economics 2後~ 2
Introduction to Global Health Issues 2後~ 2
Introduction to International Relations 2後~ 2

GCPグローバル専門科目(Progressive)(選択必修、6単位以上)

科目 履修可能時期 単位
Monetary Policy and Financial System 2後~ 2
Fiscal Policy and Tax System in Japan 2後~ 2
Culture and Business 2後~ 2
Global Health and Social Justice 2後~ 2
Marketing 2後~ 2
History of Innovation & Science 2後~ 2
Interdisciplinary Seminar Ⅰ 2後~ 2
Interdisciplinary Seminar Ⅱ 3~4 2

CONTACTお問い合わせ

杏林大学 総合政策学部
〒181-8612 東京都三鷹市下連雀5-4-1
TEL: 0422-47-8000(代表)

PAGE TOP