search

Menu

大学ホーム総合政策学部教員紹介・オフィスアワー教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 内藤 高雄
教員名フリガナ ナイトウ タカオ
職位 教授
役職・委員(大学) 学生支援センター長・評議員
所属 総合政策学部
研究テーマ・分野 20世紀前半期のフランスの会計制度形成過程
専門分野(大学院) 国際会計学
担当科目(学部) 財務会計論 国際会計論 ベーシック(会計) ゼミナール 
担当科目(大学院) 国際会計特論
略歴 1986 成城大学経済学部経営学科卒業
1988 成城大学大学院経済学研究科経営学専攻修士課程修了
1990−1993  杏林大学社会科学部助手
1991 成城大学大学院経済学研究科経済学専攻博士課程後期満期退学
1993−1997  杏林大学社会科学部講師
1997− 杏林大学社会科学部助教授
1998− 成城大学法学部非常勤講師
2002−2005 杏林大学社会科学部・総合政策学部助教授
2004− 成城大学経済学部非常勤講師
2005  杏林大学総合政策学部教授
所有する学位 博士(経済学)、経済学修士、経済学士
論文・著書等を含む
主要研究業績
『フランスにおける会計標準化の研究』(単著)東京経済情報出版・2010
「1948年パリ国際会計会議とフランス会計標準化思考」(『杏林社会科学研究』第31巻第2号)、「収益費用アプローチと資産負債アプローチの計算構造〜固定資産の減価償却と減損を巡って〜」(『杏林社会科学研究』第29巻第4号)」
所属学会 日本会計研究学会 日本簿記学会 国際会計研究学会
公的な委員会等の
役員・委員歴
日本会計研究学会評議員
学外活動 東京新大学野球連盟理事・副会長
メールアドレス naitoap@ks.kyorin-u.ac.jp
ひとことメッセージ 学生時代はすばらしい時間です。多いに学び、多いに遊び、楽しんでいただきたいと思っております。 大学は知識を教員から一方的に与えられるところではなく、自ら研究心を持って学び、考え、そして真理の探求をするところだと思います。日常生活のさまざまな出来事に疑問を持ち、それについて調べ、考え、学ぶところだと思います。もちろん私は学生諸君の応援を積極的にしていきます。でも主役はあくまで学生だと思っております。
このページのトップへ

PAGE TOP