search

Menu

大学ホーム総合政策学部教員紹介・オフィスアワー教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 松井 啓
教員名フリガナ マツイ アキラ
職位 客員教授
研究テーマ・分野 流動している国際関係とその中での日本の位置付け
担当科目(学部) ヨーロッパ経済論、現代ヨーロッパ政治論、国際政治史I及びII。
略歴 1965年 一橋大学法学部卒業、外務省入省、英国陸軍教育学校留学
1966年−68年 ロンドン大学、モスクワ大学留学
1968年以降 在ソ連、フィリピン各大使館、ニューヨーク国連代表部、在ユーゴスラヴィア、インド、イタリア各大使館勤務 本省では経済協力局、文化交流部、領事移住部等勤務
1993年以降 駐カザフスタン大使
1996年以降 国立国会図書館専門調査員(外交・防衛担当)
1998年以降 駐ブルガリア大使
2001年以降 駐ナイジェリア大使
2005年以降 杏林大学客員教授
論文・著書等を含む
主要研究業績
「特集:インドの国際関係 新生中央アジア諸国と南アジア」『海外事情』、1997年8月号
「議会選挙違憲判決―一票の格差に関するカザフスタン共和国の事例―」『レファレンス』、1997年11月号
「ユーラシア政策とは何か―日本の多角的安全保障の観点から―」『レファレンス』、1998年3月号
「カスピ海をめぐる国際関係」『レファレンス』、1998年4月号
「冷戦終焉とルーブル圏の崩壊ーカザフスタン共和国の例ー」『杏林社会科学研究』第22巻第4号、平成19年3月
『初代大使が見たカザフスタン』めるくまーる、2007年
所属学会 日本EU学会、日本国際連合学会、ロシア・東欧学会、日本国際政治学会、日本国際フォーラム有識者政策委員。
メールアドレス matsui@ks.kyorin-u.ac.jp//matsui.akira1@gmail.com/
ひとことメッセージ 学生時代は人生の黄金期です。だが「蒔かぬ種は生えぬ」です。今のうちに強靭な肉体と健全な頭脳を作ることに心がけ、旺盛な好奇心とチャレンジ精神を持って、世界を見る眼を養い、自分の考えを持つように努めましょう。そうすれば4年間で大きく成長し、将来の発展のための基盤ができます。「後悔先に立たず」です。
このページのトップへ

PAGE TOP