大学ホーム総合政策学部教員紹介・オフィスアワー教員紹介

教員紹介

項目名 内容
教員名 加藤 拓
教員名フリガナ カトウ タク
職位 講師
研究テーマ・分野 サービス・マーケティング、出店戦略、消費者行動の計量分析、マーケティングと企業成果の関連
担当科目(学部) マーケティング総論I.II、流通システム論I.II、演習1、学際演習、プレ・ゼミナール
担当科目(大学院) マーケティング特論A. B
略歴 (学歴)
1996年3月 慶應義塾大学商学部卒業
1998年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了
2004年9月-2005年8月 コペンハーゲンビジネススクール留学
2006年3月 慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学

(職歴)
1998年4月-2000年3月 株式会社マーケティングセンター(営業企画部)
2000年4月-2010年3月 スターバックスコーヒージャパン株式会社(店舗開発本部、経営企画室)※途中留学等のため退社期間あり
所有する学位 学士(商学)、修士(学術)
所有する資格等 一級小型船舶操縦免許
論文・著書等を含む
主要研究業績
(共著書)
1.『フードサービス業における情報化戦略と情報テクノロジー』、日本フードサービス学会 情報委員会監修、上田隆穂他編 (2004)、「第5章 外食チェーン企業における顧客満足調査の現状と課題−サービス・マーケティング理論の実務的展開を目指して−」、pp.103-122
2.『顧客の声を活かすフードサービス情報戦略』、日本フードサービス学会 情報委員会監修、上田隆穂他編(2006)、「第4章 外食チェーン企業の成長段階と顧客満足の源泉」、pp.46-66
3.『ストーリーで学ぶマネジメント−経営管理超入門−』、田中信弘・木村有里編著(2012)、4-1, 4-2, 4-3、pp.116-133


(論文)
1.「外食チェーン企業の競争戦略の分類−顧客満足との関連付けに向けて−」、『景気回復時における日本経済と企業行動』、平成16年度 慶應義塾大学商学研究科大学院高度化推進研究プロジェクト報告書、pp.39-46
2. 「外食産業における消費者行動の計量分析−外食コーヒー市場に関するケーススタディ−」、Keio/Kyoto Global COE Discussion Paper Series(DP2008-023) 、pp.1-23
3. 「サービス・ドミナント・ロジックの基本的発想の体系化」、Keio/Kyoto Global COE Discussion Paper Series(DP2009-018)、pp.1-13
4.「ミニボックス型サービス・リテーラーの国内市場における出店戦略と企業業績の関連−日本のフードサービス業界のケーススタディ−」杏林社会科学研究 Vo.28, No.1, June 2012
5.「How Should Service Firms Develop Store Networks in Domestic Market?;Analysis of Store Expansion Strategies for Japanese Foodservice Industry」Proceeding for the 9th International Conference on Service Systems and Service Management (ICSSSM12) ;2012
6.「Store Development Strategies of Mini-Box Service Retailers; Analytical Framework and Case Study in Japanese Food Service」International Journal of Marketing Studies, Vol.4, No.4; 2012
7.「Dynamics of Mini-box Service Retailers’ Store Network Management」International Business Research, Vol.6, No.1; 2013.
8.「How Should Service Retailers Develop Store Networks?-Case Study for Japanese School and Education Service-」, Proceedings for 2014 Global Marketing Conference at Singapore.

(学会報告)
1.「Service-dominant logicにおける消費者の役割」日本消費者行動研究学会 第37回消費者行動研究コンファレンス;2008年11月
2.「外食産業における消費者行動の計量分析−外食コーヒー市場に関するケーススダディ−」日本消費者行動研究学会 第38回消費者行動研究コンファレンス;2009年6月
3.「外食産業における消費者行動の計量分析−外食コーヒー市場に関するケーススタディ−」 日本商業学会関東部会; 2010年3月
4.「日本市場におけるサービス企業の地理的拡大の現状―外食サービス市場のケーススタディ―」日本商業学会全国大会; 2010年5月
5.「サービス企業の競争戦略と企業成果の関連−日本の外食上場企業のケーススタディ−」 慶應義塾大学大学院経済学研究科・商学研究科/京都大学経済研究所連携グローバルCOEプログラム研究報告会; 2010年9月
6.「Geographic Expansion or Diversification?:Analysis of Growth Strategies for Japanese Food Service Industry」20th Annual Frontiers in Service Conference; 2011年7月
7.「ミニボックス型サービス・リテーラーの出店戦略と国内市場における出店戦略と企業業績の関連−日本のフードサービス業界のケーススタディ−」第62回日本商業学会全国大会;2012年5月
8.「価値共創に基づいたミニボックス型サービス・リテーラーの店舗開発戦略」Forum on International Markets and Institutional Logic;2012年9月
9.「How Should Service Retailers Develop Store Networks? –Case Study for Japanese School and Education Service-」, 2014 Global Marketing Conference at Singapore; 2014年7月  
所属学会 日本商業学会、日本消費者行動研究学会、サービス学会
学外活動 目白大学経営学部経営学科・東京学芸大学教育学部・GISEC非常勤講師
メールアドレス takukato@ks.kyorin-u.ac.jp
ひとことメッセージ オフィスアワー(コアタイム)
・月曜日〜木曜日(10:00-17:00)
このページのトップへ