学術講演会

第3回市民公開フォーラム「糖尿病から身を守る」

ぜひ聴きにいらしてください。

日時 平成28年5月7日(土)14:00〜15:30 開場13:30〜
場所 三鷹ネットワーク大学3階 東京都三鷹市下連雀3-24-3 三鷹駅徒歩2分
定員 100名 当日は定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
参加費 無料(予約不要・当日受付)
司会 石田均(杏林大学医学部第三内科学教室教授)
演者 特別講演1 山田光洋(杏林大学医学部付属病院看護部)
特別講演2 保坂利男(杏林大学医学部第三内科学教室講師)
特別講演3 石田均(杏林大学医学部第三内科学教室教授)
講演内容  糖尿病をはじめとする生活習慣病は、日本人の健康長寿を妨げる大きな原因の一つとなっています。とくにはじめのうちは症状が出ないことが多いのですが、気が付かないうちに全身のあらゆる血管に障害をもたらします。
本フォーラムではこの糖尿病からうまく身を守るための秘訣を、私達の糖尿病療養指導外来でのチーム医療活動とともにご紹介します。そしてどのように糖尿病合併症を克服すれば良いのか?日本人の体質に合った糖尿病食事療法とはどのようなものか?について、皆様とともに考えたいと思います。
※上記のポスターをクリックすると拡大します。

※上記のポスターをクリックすると拡大します。

第45回杏林医学会総会、市民公開講演会

現在準備中です

日時 平成28年11月19日(土)
場所 杏林大学医学部学生講義棟第1〜4講堂、大学院講堂

例会申請募集

第22回以降の例会申請を募集しております。

例会 細則 申請書

第44回杏林医学会総会

第44回杏林医学会総会を下記の通り開催致します。一般口演ならびに研究奨励賞へのご応募をお待ちしております。

日時 平成27年11月21日(土)※12:00〜事務総会開始時間
会場 杏林大学医学部学生講義棟第1〜4講堂、大学院講堂
プログラム 一部 事務総会、表彰式、記念講演
二部 市民公開講演会「女性の医学」司会 岩下光利教授(医学部産科婦人科)
三部 一般口演
   医学部平成27年度共同研究プロジェクトおよび研究奨励賞中間報告
   保健学部平成26年度個人研究および共同研究奨励賞報告
   医学部1年生医療科学「地域と大学」研究発表会

※上記のポスターをクリックすると拡大します。

市民公開講演会「女性の医学」

司会 : 岩下光利教授(杏林大学医学部産科婦人科)
演者 : 特別講演1「子宮と卵巣のがんから身を守るには 〜まずがんのことを知りましょう〜」
     杏林大学医学部産科婦人科学教室 小林陽一教授(専門:婦人科悪性腫瘍、癌幹細胞、子宮内膜症)
演者 : 特別講演2「高齢妊娠に伴う諸問題」
     杏林大学医学部産科婦人科学教室 古川誠志准教授(専門:周産期医学)
演者 : 特別講演3「生殖補助医療の歩みとこれからの課題」
     国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 副周産期・母性診療センター長
     齊藤英和先生(専門分野:生殖医学 特に不妊症学、生殖内分泌学)
日時 : 平成27年11月21日(土)13:00〜15:00(開場12:30)
場所 : 杏林大学医学部学生講義棟2階第1講堂
定員 : 140名(先着順)
共催 : 杏林大学(知)の拠点整備事業、杏林大学男女共同参画推進室、三鷹ネットワーク大学
※入場無料・参加申込不要 直接会場へお越しください。
杏林大学 公開講演会・公開講座「女性の医学」へのリンクはこちら

当日は託児室を開設いたします。ご希望の方は潟Aルファコーポレーションまでご連絡ください。
WEB予約 http://goo.gl/Gn0peM 電話予約 0120-086-720(平日9:30〜17:30)

第4回研究奨励賞

 本学会では、40歳以下の会員の研究活動を奨励するという目的で、学術研究に顕著な業績を挙げ、募集の前年に英文学術雑誌に掲載された原著論文の筆頭著者に杏林医学会研究奨励賞が授与されます。皆様のご応募をお待ちしております。

1 募集要綱
研究奨励賞細則
※平成27年1月5日に細則が改訂し、応募資格が申請時に年齢40歳以下となりました。
※今回は、平成26年(2014年)1〜12月に掲載された論文が対象です。平成27年(2015年)の掲載分は来年度の受付となりますのでご注意ください。

2 募集期間
受付開始 : 平成27年7月1日(水)
受付締切 : 平成27年7月31日(金)(当日消印有効)
⇒締め切りました。ご応募ありがとうございました。

3 提出書類
申請書、掲載された学術論文
メールにて送信若しくは郵送、事務局へ直接お持ちください。

一般口演 演題募集要綱

1 演題応募資格
@筆頭演者、共同演者は杏林医学会の会員に限ります(学部学生は除く)。
入会については、入会申込書に必要事項をご記入のうえ医学会事務局までにご提出(メール・郵送可)ください。学生の方は、演題のお申し込みの際に事務局へその旨をお申し出ください。
A筆頭演者、共同演者は平成27年度会費を入金済の方に限ります。
会費の納入状況は、医学会事務局までお問い合わせください。

2 演題募集要項・お申し込み方法
演題抄録原稿テンプレート(Wordファイル)を参考に、以下の@〜Cを記入した演題抄録原稿を、添付ファイルでメールにて送信若しくは事務局へUSBでお持ちください。メールにて送信の場合、5営業日以内に事務局からe-mailにて演題受付のご連絡を致します。もしご連絡がない場合、お手数ですが医学会事務局までお問い合わせください。
@口演タイトル
A筆頭演者氏名、共同演者氏名、所属
B筆頭演者の連絡先(院内PHS、内線、メールアドレス)
C800字程度の口演抄録
※この抄録は、後日杏林医学会総会プログラムとして杏林医学会雑誌にて掲載される予定です。

3 演題募集期間
受付開始 : 平成27年7月13日(月)
受付締切 : 平成27年8月20日(木)15時まで⇒平成27年8月25日(火)15時まで
⇒平成27年9月4日(金)17時まで再延長いたします
⇒締め切りました。ご応募ありがとうございました。

4 発表形式
一演題につき、発表6分、討論2分、移動準備2分(合計10分)です。発表はPowerPointを使用し、発表時間内に終了するようご準備ください。パソコン(OSはWindowsのみ)は事務局で用意致します。発表者は前日までに発表データを事務局へ添付ファイルにてメール送信するか、総会当日USBでお持ちください。※Macを使用されて発表される方は、パソコンとコネクターをお持ちください。発表方法の詳細については、別途個別にご連絡致します。

5 演題採択
採択の結果については、口演時間と併せて9月中旬頃にお申し込み者へ個別にご連絡致します。口演時間は総会当日の15〜17時の間を予定しておりますが、ご希望の時間があれば演題のお申し込みの際に医学会事務局までご相談ください。

共通お問い合わせおよびお申し込み先


杏林医学会事務局宛
住所 〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2 杏林大学医学図書館1階
電話 0422-47-5511(内線3314)
FAX 0422-40-7281
E-mail med_soc@ks.kyorin-u.ac.jp

例会申請募集

第14回以降の例会申請を募集しております。

例会 細則 申請書