電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 脳卒中センター

脳卒中センター

概要・特色

診療科概要

一、二次および三次救急外来に搬送されたすべての脳卒中患者に24時間365日対応し、専門医が直ちに迅速で適確な脳卒中診療を開始します。また、脳卒中専門病棟で発症翌日より超急性期リハビリテーションを提供しています

平成27年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

急性期脳卒中の治療全般、慢性期脳卒中の予防的治療

理念

救命救急センターを持つ地域基幹病院ならではの、迅速で適切な初期治療を提供することを当センターの理念としております。

基本方針

地域の診療所・病院との綿密な連携により、患者様のニーズにあった、オーダーメイドの診療計画を目指しています。「やるべきことをやる」を基本姿勢とし妥当で安全な脳卒中診療を提供します。各種ガイドラインに沿った治療を行います。

目標

脳卒中は未解決の問題が山積する領域です。一つ一つ、現場の疑問を解決する形で脳卒中診療のレベルを上げていきたいと考えております。

特色

当センターは脳卒中科、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科が共同参画し、脳卒中科として独立した診療体制のもとに運営される脳卒中ユニット(Stroke Unit;SU)です。脳卒中専門医に加え、専門の看護師、理学・作業療法士、薬剤師、医療ソーシャルワーカーが1つの脳卒中専門診療チーム(Stroke Care Team)を形成して、「断らない・笑顔をわすれない」という理念のもと脳卒中診療を行っています。平成27年の入院診療実績は、新入院患者数598名でした。主な内訳は虚血性脳血管障害386例、脳出血125例。tPA静注療法は29例に施行されました。脳血管撮影は87件、超音波検査読影は2146件施行しています。外科的治療も適切な適応で積極的に施行しています。外来では脳卒中センターを退院された患者さんや、頚動脈疾患の患者さんのために、脳卒中科外来を開設しています。

〔特殊外来〕

脳卒中センターを退院された患者さんや、近隣の先生方からのご相談に専門家としてお応えするため、脳卒中科外来を開設しています。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内