呼吸器内科概要・特色

診療科長からみなさまへ 診療科長からみなさまへ

診療科長/教授 石井 晴之 診療科長/教授
石井 晴之

対話を大切に専門診療とチーム医療で

当科は肺の病気を診療しております。
肺がんは、より専門性の高い組織診断、遺伝子解析などの精密検査から個別化医療をすすめています。間質性肺炎という難病に対しては肺生検を含めた精密検査で専門的な診断を行い治療方針を決定しています。またタバコの影響が大きい肺気腫・COPDや、喘息に関しては各種検査や最新情報をもとに治療しています。

大学病院としての専門診療をもとに質の高いチーム医療を行いながら、患者さん・御家族との対話も大切にしたいと思っております。

当診療科の特色

大学病院における呼吸器診療の特色はチーム医療にあります。その中でも以下の分野で個別化医療をすすめています。

  1. 肺がん:呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科
  2. 間質性肺炎:呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科、病理科

また多職種との診療および治療指針の話合いも積極的にしています。

  1. 入院診療全般:呼吸器内科医、看護師、薬剤師、リハビリテーション技師、医療相談員
  2. がん緩和ケア:呼吸器内科医、麻酔科医、看護師、薬剤師
  3. 感染症診療:呼吸器内科医、感染症科医、微生物検査技師
  4. 臨床試験:呼吸器内科医、看護師、臨床試験管理室

取り扱っている主な疾患

肺の病気を全般的に診療しています。

  • 肺がんの精密検査や治療希望の方
  • 喘息や肺気腫といった慢性疾患の方
  • 間質性肺炎という聞きなれない病気の精密検査や治療希望の方
  • 肺炎など感染症の診断や治療希望の方

など外来および入院にて診療および治療指針を明確に組み立てチーム医療を実施しています。
また急に体調不良の方などは救急外来にて診療しています。

診療体制

<外来>
必ず紹介状(診療情報が必要)を持参ください。月曜〜土曜日まで3名の呼吸器内科医が担当します。
外来診療はかなり混雑しておりますので、予定時刻の診察にならないことがあります。

<入院>
入院では呼吸器内科医2名が主治医となって担当チームで診療します。
診療・治療方針は教授(診療科長)を含めた呼吸器内科全体のディスカッションで確認し決定しております。

フロアガイド

先進的な医療への取組みに
ついて

<高い診断技術>
痛みや苦痛を伴わない画像検査では最新機器である超高精細CT画像を用いて病気の部位や原因を追及しています。また気管支鏡という肺のカメラでは、精度の高い機器を用いて肺だけではなくリンパ節の生検も行っています。また呼吸器外科に胸腔鏡下肺生検、また放射線科にCTを用いた肺生検など、さまざまなアプローチを検討して適確に確定診断しています。

<新たな治療へ>
肺がん、間質性肺炎、喘息、COPD、などの臨床試験を積極的に取り組んでおります。

先進的な医療への取組み

症例数・実績

入院診療の実績(令和元年度)

患者総数(再入院、併診患者含む) : 1,345名

主要疾患 患者数
肺がん、悪性腫瘍 783名
間質性肺炎 144名
肺炎、膿胸、胸膜炎 211名
気管支喘息 33名
COPD、慢性呼吸不全 106例
気胸 37名
非結核性抗酸菌症 33例

症例数・実績