電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. リハビリテーション室

リハビリテーション室

概要・特色

診療科概要

リハビリ室はリハビリに関わる療法3部門、すなわち理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)と関連する診療科医師から構成されています。診療科の主体はリハビリ科医師ですが、身体障害のない心筋梗塞については循環器内科医、慢性呼吸器疾患の在宅酸素療法は呼吸器内科医、整形外科術後急性期については整形外科医が直接、療法士に指示して診療に関わっています。
理学療法は歩行や起居動作など下肢の問題や呼吸・循環疾患に関わる領域、作業療法は上肢の運動障害や日常生活動作(ADL)、ADLに関係する高次脳機能障害、言語療法は失語症や呂律障害、呂律に関連する嚥下障害の評価とリハビリを担っています。
杏林大学医学部付属病院は急性期の病院ですので、整形外科、神経内科、脳神経外科、脳卒中科、高齢医学科、小児科などに入院されている場合に入院でのリハビリを提供できます。退院後であってもリハビリ科、整形外科などに通院中であれば、期間に上限はありますが外来リハビリもできます。主治医を介した予約制ですので、ご予約の上、ご来院下さい。

平成27年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

理念

疾患や外傷の急性期において、医師の指示のもと、適切な障害評価の上で積極的かつ効率的な理学・作業・言語療法を提供する。

基本方針

目標

特色

 当リハビリ室は昭和62年に整形外科理学療法室として発足し、平成6年に「総合リハビリ承認施設」・「心疾患リハビリ施設」基準を取得すると同時に、中央診療施設として独立しました。平成13年にリハビリ科が医学部の教室とともに開設されて以来、リハビリ科の運営下に移され、平成18年4月の診療報酬体系の改定からは脳血管障害等Ⅰ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、心大血管Ⅰ、平成23年7月にはがんリハビリ施設に認定され、全リハビリ領域で最も高水準のリハビリ認定を受けています。
 平成29年4月現在、療法士スタッフはPT23名(非常勤1名含む)、OT8名、ST6名、看護師2名(兼務1名含む)、PT助手2名の体制で、リハビリ科医師6名が、脳血管障害等Ⅰ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、がんリハビリ部門を専従で運営し、循環器内科医師1名が心大血管Ⅰ部門を専任しています。基本的にはリハビリ科医師による対診の結果、リハビリ計画・処方が出され、主治医の許可のもと療法士がリハビリを開始します。ただし急性心筋梗塞は心機能の専門的評価が必要なため、循環器内科医師の計画・指示で心臓大血管Ⅰのリハビリがなされ、運動器Ⅰのリハビリの多くは整形外科手術後であるため、基本的には整形外科医の計画・処方でリハビリが進められます。
 施設はリハビリ室として合計524㎡、理学療法(PT) 391㎡(うち心大血管対象 64㎡)、作業療法(OT) 83㎡、言語療法(ST) 43㎡となっています。またリハビリ対象者の多い脳卒中病棟ではPT・OT兼用訓練室60㎡、脳外科病棟ではPT・OT・デイルーム兼用スペース36㎡およびST・相談室兼用室10㎡を有していて、病棟密着型リハビリを展開しています。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内