電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 乳腺外科

乳腺外科

概要・特色

診療科概要

日本人女性の乳がんの罹患者数は年間6万人以上であり増加する傾向にあります。年間の死亡者数も1万人を超えています。マンモグラフィ検診の導入によって、非浸潤性乳がん(0期)が発見されるようになりましたが、乳がんを早期に発見するために1年から2年毎の乳房検診が重要です。当科は多摩地区を中心に質の高い乳がんの診断と治療を行う専門施設です。乳がんの診療は画像診断と組織診断に基づいて、外科療法・薬物療法・放射線療法を適切に組み合わせた治療の個別化が行われています。すなわち、個々の患者さんの病状に応じて適切な治療法が選択されます。具体的には、0期からI期の乳がんは手術療法がまず選択されます。II期の乳がんはがんの性質に応じて手術あるいは薬物療法が最初に選択されます。III期の乳がんはまず薬物療法を行い、その後に手術療法や放射線療法を行います。IV期の乳がんは薬物療法による病勢のコントロールが治療の主体となります。また、手術療法では形成外科とのチーム医療によって積極的に乳房再建を行い、より整容性の高い乳房再生を目指しています。薬物療法に抵抗性となった進行再発乳がんでは、緩和医療を専門とする病院と連携してがんに伴う症状の緩和と心のケアを行うことで、少しでも長く普段通りの生活が送れるように努めています。

平成26年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

乳がん 乳腺良性疾患

理念

  1. 腫瘍学の真理の探求
  2. 謙虚たる人材の育成
  3. 先進的ながん治療の創造

基本方針

乳がんの病期とその特性に応じた治療の個別化を進め、多摩地区における乳がん診療の中核病院を目指しています。

目標

  1. 患者に優しい乳がん診療を目指した基礎および臨床研究の推進
  2. 学生・研修医の教育・指導と乳腺専門医・指導医の育成
  3. 国内外の臨床試験と治験の推進

特色

乳癌が疑われた場合は、マンモグラフィ、超音波、MRIなどの画像診断を行う。針生検などの病理組織診断に基づいて、乳房再建を含む手術療法や薬物療法が選択される。画像診断でリンパ節転移を認めない場合はセンチネルリンパ節生検によって腋窩リンパ節郭清の有無を決定する。手術後は最終的な病理組織診断に基づいて補助的な薬物療法や放射線療法を行う。進行再発乳癌では、病状に応じた治療を進めていく一方で、症状緩和のための対症療法と精神的なケアを行い、なるべく長く質の高い生活が保たれるように努めていく。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内