大学ホーム医学部教室紹介乳腺外科学教室

乳腺外科学教室

教室専任教員

教授 井本 滋
講師 麻賀 創太 伊坂 泰嗣
助教 石坂 欣大

教室概要

理念

真「腫瘍学の真理の探求」、善「謙虚たる人材の育成」、美「アートとしてのがん治療の創造」を追求しています。

診療

乳がん、並びに良性乳腺疾患の診断と治療を行っています。早期乳がんでは、手術・薬物・放射線による集学的治療による治癒を目指すともに、形成外科との共同作業で乳房再建を積極的に行っています。進行・再発乳がんでは、効果予測因子に基づいた治療を進める一方、治療抵抗性となった場合は症状緩和のための対症療法と精神的なケアを行い、社会生活の質が長く保たれるように努めています。

研究

センチネルリンパ節生検に関する多施設共同観察研究と日本乳癌学会の班研究を進めています。乳管内進展の少ない2cm以下の乳がんを対象としたラジオ波焼灼治療に関する第II相試験を行っています。国内外の臨床試験や治験に積極的に参加するとともに、蛋白質発現解析、遺伝子発現解析から乳癌の予測因子に関する探索的研究も進めています。

教育

学生は、病棟及び外来において乳がん患者とその家族との触れ合いを通して、乳がんを理解するとともに、癌で病んだ人々の心のケアについて学びます(1週間研修)。初期研修医は、基本的な診療技術の習得とともに、最新の乳がん治療の理論的根拠と治療戦略について学びます(4週間研修)。後期研修医は、乳腺専門医を目指して、実践的な乳がんの診断、手術療法、薬物療法についてプログラムに基づいたカリキュラムを習得していきます(3年間研修)。医員は、国内外のがん関連学会における発表と論文作成を行うとともに、乳腺専門医を指導できる医師を目指します。国際的な視野を持つ乳腺専門医を世に輩出していくことが当科の使命です。

主な業績

  1. Meretoja TJ, Audisio RA, Heikkilä PS, Bori R, Sejben I, Regitnig P, Luschin-Ebengreuth G, Zgajnar J, Perhavec A, Gazic B, Lázár G, Takács T, Kővári B, Saidan ZA, Nadeem RM, Castellano I, Sapino A, Bianchi S, Vezzosi V, Barranger E, Lousquy R, Arisio R, Foschini MP, Imoto S, Kamma H, Tvedskov TF, Jensen MB, Cserni G, Leidenius MH: International multicenter tool to predict the risk of four or more tumor-positive axillary lymph nodes in breast cancer patients with sentinel node macrometastases. Breast Cancer Res Treat 2013;138(3):817-27.
  2. Hojo T, Kinoshita T, Imoto S, Shimizu C, Isaka H, Ito H, Imi K, Wada N, Ando M, Fujiwara Y: Use of the neo-adjuvant exemestane in post-menopausal estrogen receptor-positive breast cancer: a randomized phase II trial (PTEX46) to investigate the optimal duration of preoperative endocrine therapy. Breast 2013;22(3):263-7.
  3. Oba MS, Imoto S, Toh U, Wada N, Kawada M, Kitada M, Masuda N, Taguchi T, Minami S, Jinno H, Sakamoto J, Morita S: Observational 230Study of Axilla Treatment for Breast Cancer Patients with 1-3 Positive Micrometastases or Macrometastases in Sentinel L16ymph Nodes. Jpn J Clin Oncol 2014;44(9):876-9.
  4. Ueno T, Saji S, Sugimoto M, Masuda N, Kuroi K, Sato N, Takei H, Yamamoto Y, Ohno S, Yamashita H, Hisamatsu K, Aogi K, Iwata H, Imoto S, Sasano H, Toi M: Clinical significance of the expression of autophagy-associated marker, beclin 1, in breast cancer patients who received neoadjuvant endocrine therapy. BMC Cancer 2016;16:230.
  5. Ito T, Oura S, Nagamine S, Takahashi M, Yamamoto N, Yamamichi N, Earashi M, Doihara H, Imoto S, Mitsuyama S, Akazawa K.: Radiofrequency ablation of breast cancer: a retrospective study. Clin Breast Cancer. 2017(in press)
このページのトップへ

PAGE TOP