産科婦人科概要・特色

診療科長からみなさまへ 診療科長からみなさまへ

診療科長/教授 小林 陽一 診療科長/教授
小林 陽一

多様なニーズに24時間対応します

多摩地区の拠点病院として、産科(周産期医療)、婦人科腫瘍を中心にあらゆるニーズに対応すべく医療体制を整えています。周産期は都内に6つしかない母体救命対応総合周産期母子医療センターとして、小児科、麻酔科、放射線科、救急科などの他科と密に連携しながら24時間体制で妊婦さん、赤ちゃんの救命にあたっています。婦人科では良性疾患はもちろん、子宮頸癌・体癌、卵巣癌などの全ての婦人科癌に対して、ガイドラインに沿いながら新薬の治験も積極的に導入し、患者様に最新の治療を提供します。またがん治療後のQOLの維持にも努めており、「すこやか女性外来」を中心に、がん治療後の健康維持を目指しています。

当診療科の特色

産科では、胎児の診断・評価に関して専門の資格を有した医師が超音波検査やMRI検査などを用いて行っています。また出生前診断や、疾患を有する患者さんの妊娠前の相談も積極的に行っています。産科救急疾患 婦人科癌に関してはガイドラインを遵守しながら最新の治療を行い、新薬の治験にも積極的に参加しています。診断や治療法の決定については、婦人科のみならず、病理学教室や放射線科などと定期的にカンファレンスを行い、最良の治療法をスタッフ全員で議論し決定しています。患者様に寄り添いながら、患者様のニーズに沿った治療法を一緒に考えてまいります。わからない点、心配な点がありましたら遠慮なく担当医にご相談ください。

取り扱っている主な疾患

以下のように産婦人科疾患全般にわたって診療しています。

  1. 子宮頸癌・体癌、卵巣癌などの悪性疾患
  2. 子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫などの良性疾患
  3. 月経困難症や月経不順などの月経異常、不妊症
  4. 更年期障害
  5. 正常及び合併症妊娠、産科救急、妊娠前の健康相談
  6. 胎児の評価と管理、出生前診断
  7. 骨盤臓器脱

診療体制

外来は毎日午前中は産科・婦人科それぞれ2?3名の医師および助産師が産科健診及び婦人科疾患の診療を行っています。午後は特殊外来を行っておりますので、詳細はHPをご参照ください。

受診の方は外来棟3階の受付2までお越しください。病棟は経験豊富な専門医が指導医として研修医、専攻医とともにチームを組んで診療にあたっています。

フロアガイド

母乳相談室と2週間健診中止のお知らせ

先進的な医療への取組みに
ついて

初期浸潤子宮頸癌に対しては、術後排尿障害を最小限にするべく神経温存手術を行っています。良性疾患や早期子宮体癌に対して低侵襲手術を積極的に行い、ロボット支援下手術は今後悪性腫瘍にも適応していく予定です。
骨盤臓器脱に対しては、従来法である腟式子宮全摘術に加えてメッシュ手術を症例に応じて行います。
専門資格を有する医師による超音波やMRI検査等による胎児評価を行い,遺伝学的検査・相談にも応じています.胎児胸水に対するシャント造設など胎児に対する侵襲的検査・治療も行います。前期破水例へ羊水補充療法による肺低形成予防も施行可能です。
救急科、放射線科と協力し、癒着胎盤や産後出血に対し子宮動脈塞栓術を併用し,子宮の温存と母体の救命に努めています。

先進的な医療への取組み

症例数・実績

入院診療の実績(平成30年度)

患者総数(再入院、併診患者含む) : 産科:2125名、婦人科:4937名

主要疾患 患者数
子宮頸癌 24件
子宮体癌(肉腫含む) 46件
卵巣癌(卵管癌、腹膜癌、境界悪性含む) 48件
子宮頸部上皮内腫瘍 77件
子宮筋腫 136件
卵巣腫瘍(良性) 131件
経腟分娩 561件
帝王切開 374件
子宮動脈塞栓術 12件
母体搬送(うち母体救命搬送システムによる搬送=スーパー母体搬送件数) 101件(10件)

症例数・実績

医学研究に対するご協力のお願い

■日本産科婦人科学会 倫理委員会登録・調査小委員会生殖補助医療(ART)登録事業及び登録情報に基づく研究」に対するご協力のお願いです。
詳細はこちら

■日本産科婦人科学会 倫理委員会登録「周産期委員会周産期登録事業及び登録情報に基づく研究」に対するご協力のご協力のお願いです。
詳細はこちら