1. 杏林大学トップ
  2. 文部科学省 大学教育再生加速プログラム
  3. ライティングセンターについて
文部科学省 大学教育再生加速プログラム 日英中トライリンガル育成のための高大接続

ライティングセンターについて


Jason Somerville(ジェイソン サマービル)

Kyorin University is pleased to announce the opening of its first ever Writing Center. The Writing Center is a place where AP high school students can get feedback on their writing from university teachers and students. Kyorin University students will also be able to visit the Writing Center for feedback from both teachers and trained peer tutors. All student writers can expect to talk about their work and receive suggestions for improvement in short, one-to-one sessions. Appointments for feedback sessions are best made in advance. Walk-in visitors are also welcome depending on Writing Center teacher/tutor availability.
In addition to individual appointments, the Writing Center will hold small-group workshops on the fundamentals of academic writing. The goal of the Writing Center is to develop skills for writing that will serve students in a variety of academic disciplines and settings. A visit to the Writing Center may not result in a perfect paper, but students can expect to leave the center with an improved paper and ideas for continuing the editing process on their own.

 杏林大学にライティングセンターが開設されたことを慶んでご報告いたします。ライティングセンターは、杏林大学の教員や学生から、連携高校の高校生が自分たちの書いた英文について添削指導を受けることができる学習施設です。杏林大学の学生もこのライティングセンターを訪れ、大学教員や訓練を受けたピア・チューターから、自ら書いた英文のフィードバックを受けることができます。文章の書き手であるすべての学生は、1対1のセッションで、レポートや論文について教員らと意見交換し、文章を改善するためのアドバイスを得ることができます。このフィードバックセッションは、事前予約が必要ですが、教員やチューターの時間が空いていれば、飛び込みの生徒・学生さんも歓迎します。
 個人的な予約セッションに加え、ライティングセンターではアカデミック・ライティングの基礎について少人数グループのワークショップも開催します。ライティングセンターの目的は、色々な学問分野や場面で生徒・学生の役に立つような書く技術を高めることです。ライティングセンターを一度訪れたからといって、完璧なレポートが書けるわけではありません。しかし、センターを出る時には、確実に文章は以前より良くなり、自分自身で推敲を続けるためのヒントをつかんでいることでしょう。是非、ご利用ください。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP