電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 神経内科

神経内科

概要・特色

診療科概要

神経内科専門医を多数かかえる多摩地区の基幹病院として、神経内科救急を中心に診療を行っています。神経内科のカバーする領域は大変に幅の広いものですが、当科ではとくにパーキンソン病、脳炎・髄膜炎、てんかん、頭痛、多発性硬化症、末梢神経障害の患者さんを多く扱っています。疾患別の専門診療体制は現在とらずに、診療チームとして臨床神経学すべてを高い質でこなせるよう心がけております。

平成27年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

神経内科は主として中枢神経(脳、脊髄)、末梢神経、筋肉の器質的疾患をあつかいます。広範な臓器を一手に引き受けているため、神経内科で扱う疾患はその種類が大変多いということが言えます。代表的疾患としては脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、変性疾患(パーキンソン病、パーキンソン症候群、筋萎縮性側索硬化症など)、認知症(アルツハイマー病、脳血管性痴呆など)、神経筋免疫疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など)、神経感染症(髄膜炎、脳炎など)、てんかん、末梢神経障害、筋疾患、頭痛、めまいなどが挙げられます。

御入院いただく神経内科の疾患としては、急性期の脳卒中が最多で、適切な急性期治療、再発予防、リハビリテーションなどを行います。今年度からは脳神経外科との共同作業で脳卒中診療チームを構築し脳卒中診療に力を入れることになっております。

中枢神経系感染症(髄膜炎、脳炎など)やてんかん発作も御入院いただき適切な治療を行う必要性が高い疾患です。さらに変性疾患、認知症、神経筋免疫疾患、末梢神経障害、筋疾患などでもご入院いただいて診断確定や治療を行うことがございます。

御入院いただく場合は疾患の緊急度によって緊急入院と予約入院とに分けられます。脳卒中や脳炎といった緊急度の高い疾患では、一般外来または救急外来から即日御入院となることが多く、逆に変性疾患や認知症の精査目的入院ではまずは一般外来を受診し、その後適切な時期に予約入院になるのが一般的です。入院期間は疾患や病態によって様々ですが、平均して数週間程度となっております。

一方神経内科外来で拝見する疾患としては、慢性期の脳卒中、変性疾患、認知症、神経筋免疫疾患、てんかん、末梢神経障害、筋疾患、頭痛、めまいなどが挙げられます。疾患の種類が多いのが神経内科の特徴のひとつですが、多くの神経内科疾患は外来にて診断や治療を行うことが可能です。また他科との境界領域の疾患が多いのも神経内科の特徴です。脳腫瘍や、もやもや病などの脳神経外科疾患は、最初に神経内科を受診されることもよくあります。また変形性脊椎症など整形外科的治療が必要な疾患も最初に神経内科で診断がつくことがあります。めまいは耳鼻咽喉科と神経内科の境界領域の疾患とも言えるでしょう。また視神経炎や眼筋麻痺など、眼科との協力しながら診断治療していく必要がある疾患や、精神科との協力が必要な疾患もあります。多くの神経内科疾患では治療においてリハビリテーション科との連携が重要であることは言うに及びません。当科では関係各科との連携を蜜にとりながら診療にあたっております。

神経内科外来は外来棟4階において、月曜°燉j(新患及び再来)と土曜(原則として救急新患のみ)に開設しております。新患は原則として平日午前中に受診していただくことになっております。再来の時間は午前だけでなく午後も可能な場合もありますが、担当の医師とご相談いただくことになります。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内