MENU
0422-47-5511

インターンシップ参加者からのメッセージ

あたかい雰囲気でゆとりがあり、大学病院のイメージが変わりました

産科/MFICU
曾根 右帆さん
東京医療保健大学卒業(2021年度入職)

 大学病院は忙しく、先輩たちも厳しいというイメージがありましたが、杏林のインターンシップに参加して、その印象が変わりました。スタッフはきびきびと動いているけど気持ちに余裕があり、私にも優しく声をかけてくれました。さらに、ランチの席では、生活面や福利厚生面についても本音を聞くことができました。決め手になったのは、先輩・後輩関係なくとても仲が良かったこと。自分もこんな雰囲気のよい職場で働きたいと思い、心を決めました。ぜひインターンシップに参加し、杏林の魅力を肌で感じてください。

看護師になった自分をイメージし、「働く場」として病院を見てみて!

消化器内科・腫瘍内科病棟
横山 郁未さん
東京慈恵医科大学卒業(2021年度入職)

 「看護師の人数が多くて働きやすいよ」と大学の先生にすすめられ、3年次の夏休みに杏林のインターンシップに参加しました。先輩についてシャドウイングをしたのですが、とても親切な方で、職場の雰囲気や休みがどれっくらい取れるかなど、働くうえで大切なポイントをいろいろと教えてくださいました。先輩や職場の雰囲気の良さ、そして病院全体が明るい印象だった点にも惹かれて、ここを選びました。インターンシップに参加する際は、「将来、ここで働くなら?」という視点で病院を見てみるといいと思います。