募集案内

 

2023年度 新入局員募集中

随時病院見学や相談を受け付けています

 

第3回医局説明会:2023年8月27日土曜日15時 開催予定

ZOOM+現地 ハイブリッド開催

今年度最後の説明会となります。参加を希望される方は、ご一報ください。

(個別の見学も随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。)

 

当院での麻酔科専門研修をお考えの方は以下に御連絡をお待ちしております

医局長:関 博志
e-mail: hseki@ks.kyorin-u.ac.jp
※こちらのメールフォームもご利用いただけます。

 

働きやすい環境の中で、自身のキャリア目標に合わせた麻酔研修をしませんか?

杏林大学麻酔科学教室の特徴

豊富な症例
  • 杏林大学病院は病床数1,153床を誇る都内でも有数の規模の大学病院です。多摩地区医療の中核を担い、3次救急指定病院、周産期母子医療センターも有し、豊富な症例を経験することができます。
  • 杏林大学病院には分院がなくすべての病院機能が三鷹にある大学病院に集約されています。そのため、分院などに出向しなくても麻酔科医として必要な経験、手技、知識を身に着けることができます。

 


 

 

充実した指導
  • 当教室は十分な指導医の人数に加え、心臓血管麻酔、小児麻酔、産科麻酔、周術期医学、集中治療、緩和医療、ペインクリニックなど各分野に精通したエキスパートが常勤しています。各分野のエキスパートから直接指導を受け、スキルを習得できます。

 

  • レジデントc渡辺医師によるハンズオンレクチャー抄読会、ジャーナルクラブ、症例検討会などを開催しています。最新の知見や稀な症例を全員で共有し、医局全体のレベルアップを図っています。

 

  • 若手医師に対する学会発表、論文作成の指導も積極的に行っています。希望に応じて、海外留学や国内の専門施設での可能も可能です。

 

 


 

働きやすい環境
  • 女性医師支援を積極的に行っています。現在も子育てと麻酔科医師としてのキャリアを両立しながら働いている医師が複数勤務しています。当直業務、休日勤務など、子育てをしながらでも各々のライフスタイルに合わせた勤務が可能です。

 

  • 十分な休日が取れるよう配慮しています。仕事のON-OFFがはっきりしているのも当教室の魅力です。

 

  • 住みたい街No.2の吉祥寺が最寄り駅です。住みやすい環境で、プライベートも充実させることができます。

 

ご興味のある方は下記までご連絡ください。

医局長】関 博志 (せき ひろゆき)

               e-mail : hseki@ks.kyorin-u.ac.jp

 

※こちらのメールフォームもご利用いただけます。


 

杏林大学麻酔科学教室について、詳しくはこちらもご覧ください。

杏林大学麻酔科の特徴 麻酔科専門研修プログラム 先輩レジデントの声 杏林麻酔科医局員ブログ