1. 杏林大学トップ
  2. 研究・社会活動
  3. 地域交流活動

地域交流活動

地域交流活動の学長メッセージ

 大学は地域との連携を深めてこそ、その存在意義がますものと考えています。大学には、なによりも多様な教育的資源があります。本学には医学・医療、人文社会科学系を含め、様々の専門分野の教員がおり、病院には最新の設備があります。その他、図書館機能や語学サロン、食堂、会議室などが充実しています。これを活用し、地域における知の拠点として発展するのが本学の重要な任務でもあります。本学はこれまで、東京都三鷹市・八王子市・羽村市・武蔵野市などのキャンパス周辺地域と活発な交流活動を続けてまいりました。これらをさらに発展・強化していくつもりです。

学長 跡見 裕

地域交流活動報告書

 少子高齢化・グローバル化など急速かつ不断の状況変化に地域社会が直面している現在、その地域に関わりを持つ大学が果たす役割には、これまで以上に踏み込んだ内容が求められています。地域に対して大学がより真剣に向き合わなければならない時代を迎えていると言えます。
 杏林大学では、1970年の創立以来、医学部・保健学部による「健康」を軸とした教育研究が積み重ねて参りました。それらの実績を元に、2006年より地域交流委員会・地域交流課、2012年より地域交流推進室を新たに発足させることで、学内の多様なリソースと地域社会のニーズとをマッチングさせる窓口を一元化し、地域活動を推進しております。 2016年からは三鷹市の井の頭キャンパスを活動拠点の中心とし、「医療・保健」「生涯学習」「生きがい創出」を中心的テーマに、さらに地域と強く結びついた学びの場の構築を目指してまいります。
 地域交流推進室では、この学びの場を在学生だけに開かれている空間としてではなく、地域の皆さま方と本学の教職員・在学生が交流しながら「学び合う」空間ととらえており、地域と本学との協働でその場を作り上げていきたいと考えております。ぜひ気軽にお声がけいただければ幸いです。

地域交流推進室室長 古本 泰之

活動報告はこちら

2017年10月19日
情報誌「みたから4号」発刊!取材・写真撮影で学生が健闘しました。
2017年10月19日
外国語学部の学生が作った駅からハイキングプログラムが完成しました!
2017年10月4日
華道部所属の保健学部学生が、高齢者施設で華道会を初めて開催!
2017年9月9日
平成29年度『青梅・羽村ピースメッセンジャー』に参加
2017年9月4日
『みたから4号』に向けて学生が始動!
2017年7月31日
三鷹市内の夏まつりで「商店街の真ん中で『大学×地域』を考える!」をテーマに本学教員・学生が発表しました。
2017年7月26日
『三鷹健幸教室』を実施しました。
2017年7月24日
第40回「みたか商工まつり」に参加しました。
2017年7月19日
居場所づくりプロジェクト『だんだん・ばぁ』の実施
2017年7月4日
保健学部が『はむら健康の日』に参加しました。
2017年6月23日
情報誌「みたから」3号発刊!ぜひご覧ください。
2017年6月16日
救急救命学科生が羽村市中学生にBLS指導を実施
2017年6月16日
【TOKYOまちフェスタ】 第46回 東京ブロック大会三鷹大会の支援に参加
2017年6月16日
北島ゼミナールが八王子「学生天国」に参加しました
2017年6月2日
平成29年度 第1回三鷹市・杏林大学連携協議会を開催
2017年5月12日
井の頭恩賜公園100歳記念ウィークの記念イベントで地域貢献しました。
2017年5月11日
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」活動報告
2017年5月8日
アトレヴィ三鷹×杏林大学 地域の情報紙「みたから」第3号発刊準備中
2017年4月27日
吹奏楽団が高齢者施設で演奏会
2017年4月25日
【お知らせ】 羽村市自然休暇村が利用できます。
2017年4月21日
平成29年度 第1回羽村市・杏林大学連携協議会を開催
2017年2月13日
第67回全関東八王子夢街道駅伝競走大会の救護協力
2017年2月2日
羽村市で実施された第19回地域教育シンポジウムに学生が参加しました。
2017年1月30日
外国語学部の学生が企画した「はじめてのおみせやさん」がJ:COMで放送されます。
2016年11月25日
八王子バドミントン連盟主催の応急処置・テーピング講習会の実技指導助言役として学生が協力しました。
2016年11月17日
八王子市の平岡町で健幸教室と体力測定会が行われました。
2016年11月2日
平成28年度 第2回羽村市・杏林大学連携協議会を開催
2016年7月9日
JR「学生が考えた駅からハイキング」プログラム始動!
2016年7月4日
杏林大学×アトレヴィ三鷹 共同事業プロジェクトが動き始めました
2016年6月15日
救急救命学科生が羽村市中学生にBLS指導を実施
2016年5月21日
新川宿ふれあい朝市で歓迎イベント開かれる
2016年5月15日
井の頭キャンパスの学生が「三鷹国際交流 ウォークラリー2016」でボランティア活動に参加しました!
2016年5月8日
八王子市で行われた、第11回学生天国に参加しました!
2016年5月3日
志村ゼミナールの「学生が考えた駅からハイキング」の企画・実施
2016年4月25日
平成28年度 第1回羽村市・杏林大学連携協議会を開催
2016年4月14日
28年度「生きがいづくりコーディネーター」養成講座が開講

三鷹市

本学と三鷹市は相互の資源および研究成果等の交流を促進して活力ある地域社会の創造や人材育成などを目的として、平成25年9月6日、三鷹市役所市長公室において包括的な連携に関する協定を締結しました。平成28年4月には三鷹キャンパスの近くに井の頭キャンパスを開設し、八王子キャンパスの3学部と2研究科が移転しました。今後もさらなる連携を深めて参ります。

最新情報

2017年10月19日
情報誌「みたから4号」発刊!取材・写真撮影で学生が健闘しました。
2017年10月19日
外国語学部の学生が作った駅からハイキングプログラムが完成しました!
2017年10月4日
華道部所属の保健学部学生が、高齢者施設で華道会を初めて開催!
2017年9月4日
『みたから4号』に向けて学生が始動!
2017年7月31日
三鷹市内の夏まつりで「商店街の真ん中で『大学×地域』を考える!」をテーマに本学教員・学生が発表しました。
2017年7月26日
『三鷹健幸教室』を実施しました。
2017年7月24日
第40回「みたか商工まつり」に参加しました。
2017年7月19日
居場所づくりプロジェクト『だんだん・ばぁ』の実施
2017年6月23日
情報誌「みたから」3号発刊!ぜひご覧ください。
2017年6月16日
【TOKYOまちフェスタ】 第46回 東京ブロック大会三鷹大会の支援に参加
2017年6月2日
平成29年度 第1回三鷹市・杏林大学連携協議会を開催
2017年5月12日
井の頭恩賜公園100歳記念ウィークの記念イベントで地域貢献しました。
2017年5月11日
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」活動報告
2017年5月8日
アトレヴィ三鷹×杏林大学 地域の情報紙「みたから」第3号発刊準備中
2017年4月27日
吹奏楽団が高齢者施設で演奏会
2016年7月9日
JR「学生が考えた駅からハイキング」プログラム始動!
2016年7月4日
杏林大学×アトレヴィ三鷹 共同事業プロジェクトが動き始めました
2016年5月21日
新川宿ふれあい朝市で歓迎イベント開かれる
2016年5月15日
井の頭キャンパスの学生が「三鷹国際交流 ウォークラリー2016」でボランティア活動に参加しました!

八王子市

本学は保健学部、総合政策学部、外国語学部のあった八王子市でこれまで様々な地域活動を行ってきました。

八王子地域にある25の大学・短大・高専が加盟する大学コンソーシアム八王子(大学・市民・経済団体・企業・行政等が主体性を持って連携・協働し、地域社会の発展や高等教育の充実を目指す組織)に属し、様々な事業に取り組むとともに、自治体とも連携して活動しています。

主に大学等連携事業のFD・SD事業や単位互換制度の促進、学生活動支援事業の八王子地域合同学園祭「学生天国」やフェアトレード普及活動支援「フェアトレードカフェMARCHE」への参加、産学公連携事業の「学生発表会」への参加、生涯学習推進事業の学園都市大学との連携、外国人留学生支援事業の留学生同士や日本人学生・地域との交流促進事業への参加など、継続的な活動を推進しています。 また、COC事業申請の際には、八王子市の推進していくべき課題である「生涯学習の推進」、「にぎわいにつながる産業の振興」、「健康の維持増進」、「地域福祉の推進」などに寄与する重要な内容であるとして、連携・協力して取り組んでいくことを約束しています。

こうした様々な活動をとおして、大学としての地域貢献をすすめるとともに、今後も八王子市において学生へ教育的・社会的経験の場を提供できるよう引き続き活動していきたいと考えています。

最新情報

2017年6月16日
北島ゼミナールが八王子「学生天国」に参加しました
2017年2月13日
第67回全関東八王子夢街道駅伝競走大会の救護協力
2016年11月25日
八王子バドミントン連盟主催の応急処置・テーピング講習会の実技指導助言役として学生が協力しました。
2016年11月17日
八王子市の平岡町で健幸教室と体力測定会が行われました。
2016年5月8日
八王子市で行われた、第11回学生天国に参加しました!
2016年5月3日
志村ゼミナールの「学生が考えた駅からハイキング」の企画・実施
2015年8月28日
防災ふれあいフェアを開催します
2015年4月13日
保健学部「地域と大学」関連授業を開始
2015年4月10日
総合政策学部、外国語学部の「地域と大学」授業を開始
2015年4月9日
平成27年度生きがいづくりコーディネーター養成講座開始

羽村市

本学と羽村市は昭和62年度から平日夜間急患センターへの医師の派遣、平成19年度からは文化講演会や連続講座等の実施を通じて連携を深めており、平成22年6月にはさらなる連携活動の拡充を目的に連携協定を締結しました。協定では、「地域経済の活性化、地域住民の生活環境の改善等を通じて地域社会の発展に寄与すること」(協定第1条)を目的に、「教育、産業、まちづくり、学術研究、健康・自然・環境、その他の分野」(協定第2条)において協力を深めることとしています。

杏林大学地域交流推進室

 


◆活動詳細はこちら◆


羽村市と杏林大学との連携に関する協定書

最新情報

2017年9月9日
平成29年度『青梅・羽村ピースメッセンジャー』に参加
2017年8月31日
羽村市スポーツ機会提供プログラムを実施しました。
2017年7月4日
保健学部が『はむら健康の日』に参加しました。
2017年6月16日
救急救命学科生が羽村市中学生にBLS指導を実施
2017年4月25日
【お知らせ】 羽村市自然休暇村が利用できます。
2017年4月21日
平成29年度 第1回羽村市・杏林大学連携協議会を開催
2017年1月31日
羽村市で実施された第19回地域教育シンポジウムに学生が参加しました。
2016年11月2日
平成28年度 第2回羽村市・杏林大学連携協議会を開催
2016年6月15日
救急救命学科生が羽村市中学生にBLS指導を実施
2016年4月25日
平成28年度 第1回羽村市・杏林大学連携協議会を開催
2015年4月13日
保健学部「地域と大学」関連授業を開始
2015年4月10日
総合政策学部、外国語学部の「地域と大学」授業を開始
2015年4月9日
平成27年度生きがいづくりコーディネーター養成講座開始



羽村市公式サイト
<プレスリリース>羽村市と杏林大学との連携に関する協定調印式について
杏林大学との連携による事業について - 羽村市


杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP