1. 杏林大学トップ
  2. 研究・社会活動
  3. 文部科学省 地(知)の拠点整備事業
  4. 杏林CCRC研究所
文部科学省 地(知)の拠点整備事業

杏林CCRC研究所

研究内容

杏林CCRC 研究所では、平成28 年の三鷹市への教育・研究機能集約を目途に、少子高齢化に伴って生じる問題について平成25 年度から集中的に研究を行い、教育・研究・社会貢献の体制を強化します。

また、地域との協働による課題解決を通して地域志向かつ問題解決力を持つ学生を育成し、なおかつ新しい都市型高齢社会の姿を模索します。即ち、『都市型高齢社会の健康と安心』を主題に、学生と地域関係者が共に学ぶ「生きがい創出」、退職団塊世代の「健康寿命延伸」、大規模自然災害に備える「災害に備えるまちづくり」に、まずは本学の教育・研究機能が集中する予定の三鷹市を中心に取り組みを進め、次に八王子市・羽村市にもその成果を反映していきます。

平成29年度杏林大学杏林CCRC研究所紀要

平成28年度杏林大学杏林CCRC研究所紀要

平成27年度杏林大学杏林CCRC研究所紀要

平成26年度杏林大学杏林CCRC研究所紀要

メンバー

所長
長島 文夫(兼任・医学部腫瘍内科学教室 教授)
兼任研究員
三浦 秀之 (兼任・総合政策学部 准教授)
所在地
〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学三鷹キャンパス 看護・医学教育研究棟 1階 116号室
e-mail : area@ks.kyorin-u.ac.jp



杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP