1. 杏林大学トップ
  2. 研究・社会活動
  3. 研究推進センター

研究推進センター 杏林大学産学連携ポリシー


杏林大学研究推進センターは、産学連携を推進するため 「産学連携ポリシー」を策定いたしました。
平成28年度より「産学連携ポリシー」に基づき、開かれた大学を目指し、産業界や地域との連携や交流を行ってまいります。

杏林大学産学連携ポリシー


 杏林大学(以下「本学」という)は、建学の精神である「眞・善・美の探究」を実践し、教育・研究並びに社会貢献を、本学の重要な使命と位置付け、積極的に他機関との共同研究に取り組み、社会のニーズと本学の独自性を融合させながら、本学ならではの研究成果を広く社会に向けて発信して参りました。
 本学のこれまでの実績を踏まえ、産業界、地域との交流をさらに深め、産学連携を加速させるため、産学連携ポリシーを以下のとおり定めます。

1.本学の研究成果を活発に利用できるよう、研究情報の発信に努めます。

2.本学の研究成果を広く社会に還元し、産学連携を積極的に推進します。

3.産学連携を通じて、社会の発展に貢献できる人材を育成します。

4.生命倫理及び個人情報保護の重要性を十分認識して、産学連携を推進します。

5.社会への説明責任を果たし、公平性と透明性の高い産学連携を行います。

6.本学に産学連携委員会を設置し、社会のニーズに迅速かつ的確に対応できるよう産学連携の体制を整備します。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動