大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 別科日本語研修課程を4人が修了

【トピックス】 別科日本語研修課程を4人が修了

すっかり夏らしい1日となった7月25日(水)、本学八王子キャンパスで平成19年度別科日本語研修課程の修了式が行われました。今回の修了生は中国からの留学生3人、ベトナムからの留学生1人の合わせて4人で、昨年9月に入学し1年間の課程を経て、この日修了式を迎えました。

式では、長澤俊彦学長が4人の修了生1人1人に修了証書を手渡しました。このあと長澤学長は式辞の中で「最近自分の国の言葉をよく勉強してよく理解している人が、外国語を学習してはじめてよく理解できるようになると言われています。ぜひ母国語を大切にして、それをもとに日本語や他の外国語を勉強してみなさんの将来の発展につなげてください」と餞の言葉を贈りました。
また外国語学部の本田弘之教授が教員を代表して「これまでみなさんは互いに助け合い、励まし合いながら勉強してきました。しかし、まだまだみなさんの日本語の力は十分ではありません。これからは時には競争し合いながら、頑張って勉強してください」と励ましました。

修了式のあと、4人の修了生たちは1年間指導を受けた先生たちと一緒に懇親会に臨み、これまでの勉学での苦労話しやこれからの抱負を語り合っていました。修了した4人のうち3人は本学総合政策学部に、1人は同じく外国語学部に進むことになっています。

このページのトップへ