大学ホーム>ニュース&イベント>オックスフォード便り

第5回 オックスフォード便り
現地で働く卒業生との出会い

外国語学部英語学科講師 倉林秀男

8月22日
授業2日目。今日は、全員で午前中はグループレッスン、テーマレッスンをした後、個人レッスンの学生と、市内散策のアクティビティのグループに別れました。本日よりこの研修の醍醐味である個人レッスンが始まり、90分間先生と1対1で実践的な英会話を学びます。
私は市内散策に同行し、ボドリアンライブラリーとクライストチャーチコレッジを見学しました。

ボドリアンライブラリーでは、サプライズゲストが登場。突然の日本人ガイドが来たことに学生はびっくりした様子。さらに、彼女は5年前に外国語学部を卒業しているということを知りびっくり。ボドリアンライブラリーの観光部門に勤務する嶋崎深緒さんは、外国語学部在学中にオックスフォード研修に参加し、オックスフォードに魅せられ、卒業後に渡英し、オックスフォードで就職活動をして、現在の職を得たとのことです。
海外で活躍する先輩の姿を目の当たりにした学生は、彼女に多くの質問をし、予定を大幅に越える時間をボドリアンライブラリーで過ごしました。きっと、彼女との出会いが今回のオックスフォード研修をさらに有意義にしてくれると思います。
ボドリアンライブラリーから、クライストチャーチコレッジに向かいハリーポッターの撮影に使われたダイニングルームやキャシードラル(聖堂)を見学。手入れの行き届いた美しい庭や数百年以上前から使われている建物に学生たちは感動し、数多くの写真を取っていました。