大学ホーム>ニュース&イベント>タイ日記

第1回 
事前研修でタイについて学ぶ

総合政策学部准教授 北島 勉

8月2日−4日と22日−24日にタイ体験学習の事前研修を八王子キャンパスで行いました。研修は午前11時から午後3時までで、旅行に関するオリエンテーション、旅行英語・タイ語やタイに関する基礎知識の学習、各自の学習テーマの設定、コンケン大学の学生達との交流にむけた準備などを行いました。
事前研修の主な内容は以下のとおりです。

8月2日(米国研修参加者と合同で実施)
・研修に際して 馬田啓一教授(教務部長)からのお話
事前研修の内容を生かして中身の濃い研修にして欲しい。身体に気をつけて、良い経験をたくさんして来て欲しいといった旨のお話をいただく。
・外国語学部の倉林秀男講師による旅行英会話の講義
英語で自己紹介をする練習をする。

8月3日
・参加者の自己紹介と他己紹介
初対面の人も多く、最初は少し緊張気味でしたが、他己紹介が終わる頃には和気あいあいでした。
・タイ国の概要の紹介
バンコクやコンケンの写真を見ながら、タイの歴史や文化、農村部の生活、食事などについて紹介。

8月4日
・旅行に関する手続き
JTB西東京の當間さんが旅行に関する手続きを説明
・総合政策学部の木村有里講師によるタイ語講座
タイ語の挨拶や旅行に役立つ言葉を学ぶ。また、タイを満喫するためのアドバイスもたくさんいただく。

8月22日
・旅行に関する注意事項
JTB西東京の當間さんからタイ体験学習の手引き(本人用と留守宅用)が配られ、旅行に関する注意事項の説明がある。バンコクでの滞在先がアジアホテルになりました
・各自の学習テーマを報告
タイ体験学習にむけて各自が設定した学習テーマとその概要を報告。
以下が報告されたテーマです:
  タイの歴史とチャクリー王朝について
  アユタヤ王朝に関する歴史と経済ついて
  タイの観光産業について
  タイと日本の休日について

8月23日
・学習テーマと概要の報告
前日の続きで、以下の学習テーマとその概要について報告を行う
  タイの政治について
  タイの食文化について
・日本と杏林大学に関するプレゼンテーションの準備
8月29日にコンケン大学の学生達と交流をする際に、日本と杏林大学に関する10分程度のプレゼンテーションを行うため、プレゼンテーションの構成について話し合いをする。

8月24日
・プレゼンテーションの準備
前日の話し合いをもとに、手分けをしてプレゼンテーションのためのパワーポイントと発表原稿を作成。日本語と英語によるプレゼンテーションなのでとても大変でしたが、がんばりました。
・ホストファミリーにメール
ホストファミリーに自己紹介の英文メールを送る。8月28日にコンケンでお会いするのがとても楽しみです。