大学ホーム>ニュース&イベント>タイ日記 6

第6回
コンケン市内の博物館とお寺を見学

総合政策学部准教授 北島 勉

9月1日(土) 

今朝も良い天気でした。
日差しは強いのですが、日陰に入るととても心地よいです。
午前中はコンケン市内にある国立博物館とお寺を見学しました。
博物館には、タイ東北部の古代から現代までの歴史、生活に使われてきた様々な道具、仏像や石碑などが展示されていました。ガイドのスラチャイさんの案内でそれらの展示物を見ました。
スラチャイさんも東北部の出身の方なので、ご自身の経験もふまえて説明をして下さいました。

次に、ブンケンナコンという市内の沼のほとりにそびえるノンウェーンガオというお寺に行きました。
コンケン大学での研修初日にお話をしていただいた人文社会学部のウタイワン先生が、「仏塔の最上階まで登ると天に近くなるので御利益があるし、眺めもよいので登ってみて下さい。」とおっしゃっていたので、みんなで登ってみました。
天気も良かったのでとても良い眺めでした。
最上階に仏像とお布施箱があったので、旅の無事を祈ってから降りました。

明日はホストファミリーと一日過ごすことになっています。
月曜日にはたくさんの楽しい話を聞くことができることと思います。

博物館で(後列右がスラチャイさん)

博物館で(後列右がスラチャイさん)

ノンウェーンガオ寺院の前で

ノンウェーンガオ寺院の前で

最上階で。御利益がありますよう。

最上階で。御利益がありますよう。

ホストファミリーの紹介(2)
My host family                 酒井 真寛
私のホストファミリーは3人家族です。
写真やガーデニングが趣味のエンジニアをしているEssoさん(父)35歳と、同じ35歳で映画鑑賞、料理とショッピングが趣味のコンケン大学大学院准教授Wanidaさん(母)35歳。
それから、家の中ではコンピューターゲームやぬりえ、外に出て自転車に乗ったり、おもちゃで遊んだりのわんぱくkid、10月で4歳になるyimです。
夜はみんなでドライブに行ったり、遊んだり、毎日楽しく過ごしています。

Essoさん、Yimちゃんと家の前で

Essoさん、Yimちゃんと家の前で

私のホストファミリー               目良 翔
私のホストファミリーは4人家族です。
お父さんのニソンさんは科学の教授で、日本のことが大好きです。食べ物では納豆とわさびが好きで、寺にも興味があるみたいです。
お母さんのジンタナさんは医学部の教授で、料理が上手です。わざわざ私のために辛くないトムヤムクンを作ってくれました。
お姉さんはバンコクで働いているらしく、まだ会っていません。妹のパブさんは高校生で、日本語を勉強しています。犬の散歩を一緒したり、親切にしてくれます。
日本には家族で2回行ったことがあるそうで、日本の主要な所は大体行ったとのことです。みんな優しくて、とても親切にしてくれます。

ニソンさん、バブさんと一緒に

ニソンさん、バブさんと一緒に