大学ホーム>ニュース&イベント>タイ日記 7

第7回
はじめての週末 ・ 学生の報告(1)

コンケンでの初めての週末を学生達はどのように過ごしたのでしょう。報告してもらいました。

週末の出来事                   青木真澄
土曜日の夜はコンケン大学で出会った友達が僕たちをナイトマーケットに招待してくれました。
案内をしてくれた彼女は日本語を専攻していて、「美咲」という日本名を持っているほど。日本語はとても上手です。写真はナイトマーケットで撮ったもの。右から2番目が美咲さんです。外国人とコミュニケーションをとるのは面白い!語学の必要性を強く感じる瞬間です。
美咲が日本語を自在に操るのを見て、「これくらい自然にタイの人と話せたらなぁ・・・」と羨ましく思いました。
ナイトマーケットの露店では昆虫料理を勧められて挑戦。アロイ!(タイ語で「おいしい」) タイに来て、色々な経験をすることで、自分の世界が広がっていくことがよくわかります。
帰りは美咲のお父さんの車で送ってもらいました。タイでは荷台にも人が乗ることが一般的です。
写真は荷台からのものです。ナイトマーケットでの興奮を、荷台の上で感じる心地よい風で冷ましながら、改めてタイでの生活を振り返り、「タイに来てよかった」と皆で話し合っていました。

日曜日は車で2時間をかけてノーンカーイまで行ってきました。
タイの道はとても広くて大きく、都市間の比較的交通量の少ない道路ではスピードを出し放題(制限速度はあってないようなもの)でした。
時折逆走しているバイクを見かけるのもこの国の交通事情をよく表していると言えるでしょう。
まずはじめに700年の歴史を持つバンパァン(右写真)に喜捨をしに行き、お参りをしました。

その後は東南アジア第一の大河であるメコン川まで行き、食事と買い物を楽しみました。
タイ国王の色は黄色なので、よく黄色のシャツを着た人を見かけます。
ということで僕も黄色のシャツを購入しました。よかれと思って購入したシャツだったのですが、「本当にそれでいいのか」と言われてしまいました。タイの人も色々です。
初めて1日とおして日本語を話さない日でしたが、とても楽しく過ごせました。
月曜でホームステイは終わりになります。ここでの生活も慣れてきたので、終わりを考えると寂しい気持ちになります。 

ノーンカーイの市場で

ノーンカーイの市場で

週末                           遠藤隆史
金曜日の夜にディスコに行き、帰宅したのは朝になってしまいました。
昼ごろに起きて、タイマッサージを受けに行きました。
とても気持ち良かったです。
夜はコリアンバーベキューを食べました。そのあと家でホラーを見ましたが、想像していたのと違いあまり面白くはなかったです。

タイの友達と過ごした週末             近藤隆志
土曜日は研修が終わったあと、夕方の5時からコンケン大学の学生さん2人と私たち6人で遊びに出かけました。
ロッサリさんとその友達のプーさんと一緒にアイスを食べたあと、ナイトマーケットに行きました。
ナイトマーケットでは青木さんのホストファミリーの娘さんであるターさんも合流しました。
みんなでご飯を食べたあと、少し買い物をして、それぞれのホストファミリーの家まで送ってもらいました。

日曜日は、ホストファミリーのティッキーさんとその友達で日本人のアンナさん、ノックさんと私の4人でデパートに行きました。ショッピングをしたり、アイスを食べたりして遊び、プリクラも撮りました。
夜はティッキーさん、アンナさん、私の3人でコンケンにあるホテルの中のフィットネスクラブに行き、ウォーキングや筋トレをしました。まさかタイに来てまで筋トレをするとは・・・。
フィットネスクラブで日本人に会い、久々の日本語になつかしさを感じました。
この休みの二日間は色々な人々と出会えたので、楽しかったです。タイ人はとてもフレンドリーなので、友達の友達の・・・という感じでどんどん交友関係が広がっていくので、すぐに友達がいっぱいできます。機会があればまたタイに来たいと思いました。

コンケンでできた友達と

コンケンでできた友達と