大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 学園祭に黒須八王子市長が来訪

【トピックス】 学園祭に黒須八王子市長が来訪

外国語学部・岩﨑ゼミナール 関谷加奈美

岩﨑ゼミの招きに応じ、黒須隆一市長が4年ぶりに八王子キャンパスを訪れてくださいました。
黒須市長は10月28日の午前11時少し前に岩﨑ゼミ発表展示室にお越しになり、私たちの研究発表に約40分もお付き合いくださいました。

私たちのゼミでは「八王子市の観光による活性化」を研究テーマとしており、4年前の杏園祭時にも市長はお見えになっています。私たち岩﨑ゼミ8期生の研究発表を見終えた市長からは、4年前の発表よりもさらに深く研究されており、大変すばらしかったとお褒めの言葉をいただきました。

当日まで発表の準備のため不眠不休の毎日が続いていましたので、黒須市長のお言葉はとても嬉しく思いました。市長が帰られたあと、教室の中で「お疲れさま〜!」「無事終わってよかったね〜!」と皆笑顔で声をかけ合いました。
杏園祭が終了した瞬間の私たちは、達成感はもちろん解放感と脱力感でいっぱいでした。
杏園祭が迫る中、パワーポイントによる発表練習を繰り返すたびに欠点が見つかり、何度も手直しを加えたり、休日返上で誰一人として気は抜かず、すばらしいものを作り上げようという目標に向かって皆で走り続けてきたからです。この杏園祭で、私たちゼミ生同士の絆はより深まりました。

最後に、今回、分単位のスケジュールが詰まっているお忙しい黒須市長をはじめ、多くの関係者の方々にご来場いただいたことに、ゼミ生一同心から御礼申し上げます。

このページのトップへ