大学ホーム>ニュース&イベント>オーストラリア便り

第1回
学生たちの様子


オーストラリアに到着しました。
日本とは違い、こちらは真夏。朝から気温が20度近くあり、数日前の大雪の東京とは大違いです。
こちらでは、学生たちは朝9時に大学に登校し、授業が始まります。研修はまだ始まったばかりで、なかなか英語が口から出てきませんが、徐々に自分の言いたいことが言えるようになってくると思います。

午前中は2つのレッスンがあります。レッスンの合間にティーブレイクが設けられ、紅茶、オレンジジュース、ケーキなどが用意されます。学生たちにはつかの間の一息といった感じで、それぞれが30分のブレイクをとっています。
授業は工夫が凝らされたレッスンが用意され、教室で大切な表現を学び、そのままコンピュータールームに向かい、インターネットを利用して教室で学んだことや指示されたことを調べて、再び教室に戻り発表をするという授業もあります。

明日は、ゴールドコーストに小旅行です。

(外国語学部講師 倉林秀男)

このページのトップへ