大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 学生デザインの大学グッズが次々登場

夢をカタチに
学生デザインの大学グッズが次々登場

杏林大学では学生が企画からデザインまでを担当する大学グッズを昨年より次々作成し、八王子キャンパス内のコンビニエンスストア(K-Shop)で販売しています。
これまでに、大学ロゴマークと杏をモチーフにしたキャラクターがデザインされたタオルや、クラッチバッグが店頭に並びました。

最新作は、ストラップと先に商品化したタオルの新色版です。ストラップは黒地に杏色でロゴマークと大学名がプリントされています。今月中には、携帯型の人工呼吸マスク フェイスシールドやクリアバッグなどが仲間入りします。

大学グッズは学生のアイデアから生まれます。学生課に設置してある企画応募箱に寄せられた学生のアイデアは、教職員で構成される、アメニティネットワーク学生部会で検討され、商品化への道筋が立てられます。
これからもアメニティ学生ネットワーク部会では、夢やアイデアをカタチしたい学生を応援します。

アメニティ学生ネットワーク部会



      

外国語学部生デザイン     外国語学部生デザイン        保健学部生デザイン

■タオル(300円)        ■クラッチバッグ()          ■ネックストラップ(350円)

      

外国語学部倉林クラスデザイン                         保健学部生デザイン

■ケースファイル(850円)      ■絆創膏(300円)           ■フェイスシールド(500円)

 

(金額はすべて税込み)


2008.03.08 
このページのトップへ