大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】D.キーン名誉博士の文化勲章受章祝賀会が開かれました

【トピックス】 ドナルド・キーン名誉博士の文化勲章受章祝賀会が開かれました

平成19年に杏林大学から名誉博士号が贈られた、日本文学研究者のドナルド・キーン博士の文化勲章受章をお祝いする会が、1月4日午後5時から ホテルオークラ東京で開かれました。

祝賀会はアメリカのコロンビア大学でキーン博士の指導を受け、昨年 小倉百人一首の英訳を出版した本学外国語学部のピーター・マックミラン教授が呼びかけ人となって開かれたもので、文学関係者などキーン博士に縁のある多くの方々が集い、本学からも松田博青理事長ご夫妻をはじめ、外国語学部の赤井孝雄学部長など関係者が出席しました。

祝賀会では高円宮妃久子様がお祝いのことばを贈られたほか、ブレンダン・スキャネル駐日アイルランド大使もご挨拶をされるなど会場は華やかな雰囲気に包まれました。キーン博士も各テーブルを回られ、気さくに会話をされたり、写真撮影に応じてくださるなど和やかな会となり、出席者はいずれもキーン博士が永年にわたって日本文学を海外に紹介し続けてきた功績によって文化勲章を受章されたことを心からお祝いしていました。

2009.1.7

このページのトップへ