大学ホーム>ニュース&イベント>【お知らせ】 新しい「学生ハンドブック」が完成しました

新しい学生ハンドブック(保健学部、総合政策学部、外国語学部)が完成しました

杏林大学では、毎年新入生に対して学生生活をおくる際の留意事項や奨学金情報、大学の各施設の紹介などをまとめた「学生ハンドブック」を配布しています。

この4月に学生の成長をサポートする「学生支援センター」が八王子キャンパスに設置されますが、これにあたり、今まで八王子の3学部で使用していた学生ガイドブック(学生生活のしおり)を全面改訂しました。

今までのものはA4版で200ページと大きく重く、白黒仕様でしたので学生が日々のキャンパス生活の中で参照するには持ち運ぶにも不便でした。

全面改訂版は持ち運びやすいようにA5版で150ページ、カラーの表紙と本文は2色刷りで、イラスト、図表、写真などをふんだんに取り入れて、学生の皆さんがちょっと読んでみたくなることをコンセプトに編集をしました。

困った時にすぐ該当ページが分かるように、目次の他、学生生活で重要な事項の「キーワード検索」などに工夫を凝らしました。

4月から三鷹キャンパスに移転する看護学科の学生にも対応すべく1章を設け、看護学科の教室マップや周辺の駅から三鷹キャンパスへのバスの時刻表も掲載しました。

今後、毎年、少しずつ改訂を重ね、より利用しやすく役に立つハンドブックに出来ればと思います。

学生支援センター事務局 


2009.3.24 
  

このページのトップへ