大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】 医学部BSL指導で3診療科を表彰

【トピックス】 医学部「Best teaching department of the year 2008」で3診療科を表彰

 医学部学生が病棟実習を行うBSL(Bed Side Learning)部門の指導において、学生教育に大いに貢献した診療科を表彰する「Best teaching department of the year 2008」の表彰式が、7月15日(水)の医学部教授会で行われました。


 この「Best teaching department of the year」は、昨年から制定されたもので、学生による授業評価アンケートの結果、上位に選出された泌尿器科、呼吸器内科、眼科の3診療科が今年その栄誉を手にしました。呼吸器内科は昨年に続き2年連続の受賞となりました。


 表彰式では、診療科を代表して東原英二教授、後藤 元教授、平形明人教授が跡見 裕医学部長より表彰状が授与されました。さらに評価の最も高かった泌尿器科・東原教授に記念の盾が贈られました。

このページのトップへ