大学ホーム>ニュース&イベント>【トピックス】就職支援の取組み−文科省学生支援推進プログラムに採択

【トピックス】 就職支援の取組みが文部科学省の学生支援推進プログラムに採択される

本学のキャリアサポートセンター(センター長、総合政策学部 武田耕一教授)が進めている、学生の就職支援を強化する取り組みが、文部科学省が推進している平成21年度の「大学教育・学生支援推進事業」に採択されました。

文部科学省は、大学の学士課程教育を従来の縦割りの学部教育とは違うトータルな教育を行う課程と捉えて、その教育の質を高めるための取り組みや、就職支援など総合的な学生支援の取り組みを支援するため「大学教育・学生支援推進事業」の募集を行っていましたが、キャリアサポートセンターが応募した「初年次からの就業意識の醸成・キャリアスキルアップ」のプログラムが、募集事業のうち「学生支援推進プログラム」として採択が決まったものです。

採択されたプログラムの概要は、「学生の就職マインドの涵養を図るとともに就業のための基礎スキルを身につけさせるためにキャリア教育を正規の学士課程教育に組込み、実社会との接触を強化した実践的なプログラムとして、初年次から卒業時まで一貫して授業を積み上げるように編成する」というもので、このプログラムはあわせて学生の学士力と就職率の向上を図ること狙いとしています。
キャリアサポートセンターは、大学3年後期から実質的な就職活動に備える学生サポート事業として、平成19年から初年次からのキャリア形成意識の醸成のためのガイダンス、企業見学、資格取得講座などのプログラムをはじめ対象学年や適切な時期に各種メニューを重点事業として導入してきました。

今回の文部科学省の採択はこうした実績と今後支援内容をさらに拡充していく計画が評価されたものと理解し、取組みをさらに充実していくことにしています。


≫杏林大学キャリアサポートセンター


2009.8.4

このページのトップへ